images
高い内閣支持率の裏で、じわじわ、と、広がりつつあるのではありませんか。
自民党の衆議院議員たちの「選挙恐怖症」。

安倍首相の神通力が弱まりつつあり、我田引水の利益誘導政治や、偏った価値観による自画自賛政治が、次第に馬脚を現しつつある、から、です。

衆議院は、小選挙区制が基本ですから、対立候補が一本化すれば、各選挙区ではギリギリで当選を重ねた、自民党の議員たちが、軒並み落選する、という事態が予想されます。
すでに、前回の選挙でも、東北地方では、自民党はガタガタになっていました。

私たち有権者には、きちんとした政治家を、政治の場に送り出す責任があります。

なお、総理の座を虎視眈々とねらう石破氏は、自民党の政治家であり、自民党が選挙で大敗する、という事態を望んでいるとは思えません。
小池氏が自民党籍を持ったまま、ということも、気になります。

昔の、自民党内での「擬似政権交代」ではなくて、選挙による、きちんとした政権交代の政治を、私たち国民は作らねばなりません。