AS20160711000286_comm
蓮舫民進党は、国会審議で、大変がんばっている、と、思います。
さらに、国会外でも、その活動を活発にしてもらえたら、と、思います。

原発ゼロ を争点にして、次の衆院選挙に向かえば、と、私は思います。連合の一部の労働組合の意向は無視してかまいません。

決戦は、肉を切らせて、骨を切る、です。



東京新聞から

蓮舫、小沢両氏が都内で会談 衆院選の野党共闘で意見交換か

 民進党の蓮舫代表と自由党の小沢一郎共同代表が17日夜に東京都内で会談していたことが分かった。複数の関係者が18日明らかにした。蓮舫氏が昨年9月に代表に就任して以降、2人の個別会談が明らかになったのは初めて。次期衆院選での野党共闘を巡り、政策や選挙情勢について、意見を交わしたとみられる。

 小沢氏は昨年10~12月、民進党の野田佳彦幹事長をはじめ、岡田克也前代表、枝野幸男前幹事長と相次いで会談。共闘の進展を呼び掛けていた。