imagesさすがは野田氏、と、思います。
腹が据わっています。見た目通り?

この国の形を決める話し合い、しっかりと取り組んでもらいたい、と、思います。

天皇のお気持ちをしっかりと受け止めようとしない安倍自民党の姿が、あの戦争直前の旧日本陸軍上層部の行動とオーバーラップします。

尊皇と言いながら、その逆の行動。


朝日新聞から

退位問題、自民との個別協議に慎重姿勢 民進・野田氏

 天皇陛下の退位に関する法整備をめぐり、民進党の野田佳彦幹事長は18日、自民党との水面下の個別協議について、「互いにお見合いしたら進まないかもしれない。議長のもとでの運営を基本に、どう対応するか考えていきたい」と述べ、慎重な考えを示した。

 栃木県真岡市の視察先で記者団に語った。衆参両院の正副議長のもとに設けられた検討の場については、「(各党・会派が顔を合わせる)何回かの全体会合も必要だ。疑問を互いにぶつけあわないと進まないのではないか」と指摘。正副議長による20日の各党・各会派からの個別の意見聴取で、全体協議の機会を複数回、設けるよう求める考えを示した。
 特例法を支持する自民に対しては「中途半端な妥協で決める問題ではない」(細野豪志代表代行)など、党内では皇室典範の改正を主張する意見が強まっている。これまで「単独で突っ走る話ではない」と典範改正案の提出を明確に否定してきた野田氏もこの日、「そう(提出に)ならないようにしたい。多くの党が基本的には認識を一致していけることが望ましい」と述べた。