images写真は、福島第一で、柏崎刈羽ではありません。

東京電力が、公務員である国の役所よりも、ずっと、官僚組織的で硬直化し、縦割りになっていることは、もう、何度もみせつけられています。
組織として、不誠実なことを事業として行っていることから、内部での情報共有やコミュニケーションの機能が劣化してくる、ということだろう、と、思います。

原子力発電は、もう、やめるべき、と、原子力発電の仕事をしている人たち自身の中にも感じていることではありませんか?
だから、隠してしまうのでは。


読売新聞から

柏崎刈羽の免震棟、震度7に耐えられない可能性

 東京電力は14日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県、運転停止中)に整備した事故対応拠点「免震重要棟」が、当初想定した震度7級の地震に耐えられない恐れがあることを明らかにした。

 同日の原子力規制委員会の安全審査会合で報告した。2014年に社内の一部で把握されていたが、連絡不足で情報が共有されていなかったという。東電は敷地内に別の拠点を設ける予定で、状況に応じて使い分けるとしている。
 東電によると、免震重要棟は、地震の揺れを吸収する装置などが建物の下に設置されている。2007年の新潟県中越沖地震を受けて、2010年に運用を始めた。震度7級の揺れを3分の1~4分の1程度に低減できる設計だった。
 しかし、6、7号機の安全審査の準備のため東電が検証したところ、想定よりも水平方向の振幅が大きく、期待した性能が見込めない恐れが出てきた。