民進党都議会では、民進党は、国政での合併後も、旧民主党系の14人と旧維新系の3人の2つの会派のままだったそうですが、今回、これを統合するそうです。
ただし、旧維新の1人は、統合会派に参加しない、らしいですが。

新しい会派名は、「東京大改革」だそうです。


読売新聞から


都議会民進、「知事与党」を表明へ…2会派統一

 夏の東京都議選に向けて民進党は、現在二つに分かれている都議会の会派を統一し、「知事与党」を表明する方針を決めた。

 新会派名は、小池百合子知事のキャッチフレーズと同じ「東京大改革」となる見通し。注目を集める小池知事と自民党の対立の構図に埋没しないよう存在感を示すとともに、「反自民」の立場をアピールし、高い人気を保つ小池知事との協調で都議選を有利に戦う狙い。
 旧民主14人と、旧維新4人のうちの3人が統一会派を組む見込みで、自民(57人)、公明(22人)に次ぎ、共産(17人)と並ぶ第三会派になる。民進以外の会派や無所属議員にも参加を呼びかけ、14日に記者会見を開いて発表する。
 民主党と維新の党は昨年3月、民進党を結党したが、両党の都議会会派は、政策の違いを理由に別行動をとってきた。都議会内で民進会派が分裂している印象を払拭し、「知事与党」の姿勢を打ち出す。

(引用終わり)

NHKのニュースサイトから

都議会 民進党の2会派 小池知事支持で合流へ

東京都議会にある民進党の2つの会派は、7月の東京都議会議員選挙に向けて、小池知事を支持する姿勢を鮮明にするため、近く合流して1つの会派にまとまります。新たな会派名には民進党の名前は使わず、民進党以外の会派とのさらなる合流も模索することにしています。

民進党に所属する都議会議員は現在18人いますが、旧民主党系の「都議会民進党」の14人と、旧維新の党系の「民進党都議団」の4人の、2つの会派に分かれています。
こうした中、2つの会派は、今月22日からことし最初の都議会定例会が始まるのを前に、近く合流し、1つの会派にまとまることで合意しました。
合流する会派は、7月の都議会議員選挙に向けて、情報公開の徹底や議員報酬の削減をはじめとする議会改革を打ち出し、小池知事を支持する姿勢を鮮明にするとしています。また、新たな会派名には民進党の名前は使わず、小池知事が打ち出す「東京大改革」などを使用できないか調整を進めていて、民進党以外の会派とのさらなる合流も模索することにしています。
新たな会派は、57人の最大会派・自民党、22人の第2会派・公明党に次いで都議会の第3会派になる見通しですが、合流に慎重な姿勢を崩していない議員もいることから、現在、第3会派である共産党の17人を上回るかどうかが焦点となります。