imagesパンギムン氏は、韓国の次期大統領に選出される可能性があります。

韓国の大統領になるためには、歴史認識では反日の姿勢を明確にする方が有利、との判断もあるのかもしれません。

そして、あの日韓外相会談での合意。
あのときも指摘されましたが、少女像の撤去にむけて努力する、という合意だったと思います。あのような、あいまいな決着をするから、かえって、トゲのようになってしまい、日韓の問題を根深くしてしまった、というように思います。

安倍外交のツメの甘さ、対米追従の外交が、このような局面を生み出した、と、思います。


河北新報から

潘氏、10億円「返還を」 少女像撤去が条件なら

 韓国紙、中央日報は13日、同国大統領選に出馬意欲を見せている潘基文・前国連事務総長が、従軍慰安婦問題の日韓合意で日本が韓国に拠出した10億円を巡り、ソウルの日本大使館前の少女像撤去が条件なら「(日本に)金を返してやらねばならない」と述べたと報じた。

 潘氏は、12日に韓国に移動した飛行機内で同紙に「10億円が少女像の撤去と関連したものなら、(合意は)間違ったものだ。それならいっそ金は返してやらねば。話にならない」と述べた。