images裁判所が認めましたから、さあ、どんどん、作りますよ、では、沖縄県の県民が納得することはなく、今後も沖縄県では自民党の候補者は選挙で勝てないことが続きます。

昨日は、自民党の二階幹事長が沖縄を訪問され、翁長知事と会談しています。

政治の知恵、が、必要です。
裁判では根本的な問題は解決しません。


読売新聞から

辺野古埋め立て承認取り消し、翁長知事が撤回

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、翁長雄志知事は26日、移設先の埋め立て承認取り消し処分を撤回する文書を防衛省沖縄防衛局に発送した。

 最高裁判決に従った措置で、文書が到着し次第、前知事による埋め立て承認の効力が復活する。政府は27日にも移設先での作業に着手する。
 県が送ったのは、取り消し処分の撤回と工事再開前に協議を求める文書で、27日に到着する見込みだ。菅官房長官は26日の記者会見で「工事再開に向けて必要な準備は整っている」と述べ、速やかに作業を再開する考えを示した。
 これに対し、翁長氏は都内で記者団に対し、「新辺野古基地は絶対に造らせない。知事の権限をあらゆる形で発揮する」と語った。来年3月に期限が切れる岩礁破砕許可を更新しないなど、知事権限を盾に工事を阻止する構えだ。菅氏と翁長氏は27日、首相官邸で会談する予定。