AS20160711000286_comm民進党が政権を担うことができるようになるためには、大阪や関西での支持者拡大が必須と思います。
蓮舫代表、がんばっているようですが。

よい候補者を選定することも大切と思います。


読売新聞から

民進、大阪テコ入れ…蓮舫代表が3度目の訪問

 民進党の蓮舫代表は24日、大阪市を訪れ、繁華街のJR天王寺駅前で街頭演説したり、NPO法人の活動を視察したりした。

 蓮舫氏の大阪入りは9月の就任以来、3度目。「民進不毛の地」ともいわれる大阪での党勢拡大が狙いだ。
 大阪はかつて、民進党の前身である民主党の地盤の一つだった。政権交代を実現させた2009年衆院選で、同党は大阪でも19小選挙区のうち17に候補を立てて全員当選。しかし、強烈な逆風下で臨んだ2012年衆院選では、日本維新の会の進出を許し、小選挙区での当選はゼロだった。2014年衆院選では5人しか候補を擁立できないまでに地元組織が弱体化し、小選挙区で勝利したのは1人だけだった。
 蓮舫氏は24日、大阪市内で記者団に、「大阪の党勢は相当厳しく、簡単に回復するとは思っていない」と率直に語った。