imagesいまの天皇のお気持ちをくみとれば、皇室典範の改正が必要になると思います。

あと、20年ぐらいしますと、秋篠宮殿下の長男の悠仁さまが結婚されますが、そのとき、その結婚相手の女性に対する、男子誕生への強い社会からの圧力を想像してみてください。

もし、女子しか生まれない、また、子供自体が授からない、ということがあったら。
また一人、気の毒な女性、皇室制度の犠牲となる女性ができることになります。

今、皇室典範を改正しなければ。

天皇には人権はありませんが、これは、明らかに人権問題、です。

私は、もう、象徴天皇制自体を終わらせたらいい、と、思っています。
憲法の改正を行うのであれば。

こんな、非道な社会制度は廃止しなければなりません。


NHKのニュースサイトから

民進 皇室典範改正し恒久的な制度創設を

天皇陛下の退位などについて検討している民進党の検討委員会は、今週、中間報告をまとめることにしていて、「皇室典範」を改正し、天皇がみずからの意思で退位することを認める恒久的な制度の創設を打ち出すことにしています。

天皇陛下の退位などを検討する政府の有識者会議が、来月末にも取りまとめる予定の論点整理では、退位を容認したうえで、天皇陛下の一代に限る特別法の制定での対応を求める方向で意見集約を進める公算が大きくなっています。
これに対し民進党は、野田幹事長のもとに設けた検討委員会で、専門家から意見を聞くなどして独自に議論を重ねていて、今週、中間報告を取りまとめることにしています。
中間報告では、蓮舫代表が、「『すべての天皇に退位を認めるべきだ』という声が圧倒的に多く、政府の有識者会議の方向性は違和感がある」と述べていることも踏まえ、一代かぎりの措置ではなく、「皇室典範」を改正し、天皇がみずからの意思で退位することを認める恒久的な制度の創設を打ち出すことにしています。
また、中間報告では、皇室の安定的な維持を図っていくため、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」の創設の検討を提言するほか、女性・女系天皇についても「将来的な課題」として盛り込む方向で調整しています。