images今回の韓国の政変は、中国べったりの政策を続けていた韓国朴大統領に対する、アメリカ側の制裁である、と、思っています。

同様のことが、日本でも起きました。
田中角栄のロッキード事件、それに、小沢一郎氏の陸山会事件、です。

つぎは、フィリピンですか。

状況からして、事態の収拾には、朴大統領の辞任が必要だろう、と、感じています。

気の毒なのは、韓国の国民たち、で、実際のところ、国民不在の政変劇、と、思います。

民主主義をしっかりと社会の機能に組み込んでいかねばなりません。
そのために必要なのは、しっかりとしたマスコミ、ジャーナリズムなのですが。韓国のマスコミはだめなんでしょうね。

私たちの国のマスコミは大丈夫でしょうか?


読売新聞から

朴氏「友人」、31日にも聴取…文書流出問題で

 韓国の朴槿恵大統領(64)が演説草稿など機密文書を渡していた友人の会社経営、崔順実氏(60)が30日、滞在先の欧州から帰国した。

 検察の特別捜査本部は31日にも崔氏を事情聴取する見通しで、疑惑の渦中の人物に捜査のメスが入る。朴政権は30日、首席秘書官4人と側近秘書官3人、李元鐘大統領秘書室長の計8人を更迭したが、事態収拾につながる気配はない。
 崔氏は30日、弁護士を通じ、「国民をがっかりさせたことを謝罪する。捜査には積極的に応じる」と述べた。
 崔氏には、朴氏から側近の秘書官を通じて演説草稿や機密扱いの公文書が渡っていたことが韓国メディアの報道で明らかになり、朴氏は国民への謝罪記者会見に追い込まれた。文書流出は、機密文書の漏えいを禁じた大統領記録物法に違反する疑いがある。