Unknown処分をきちんとできない組織は、そのガバナンスが崩壊していることを示しています。

そもそも、自民党の推薦候補がいるにもかかわらず都知事選挙に立候補した小池氏を処分できなかったことから問題が起きている、と思いますけれど。

区議7人は、その人数も印象的であることから、象徴的に扱われています。

それにしても、石原都政と、それに続く石原院政が、ひどすぎました。


読売新聞から

小池知事支援の区議7人、処分先送り…自民都連

 自民党東京都連は30日夜、党本部で幹部会合を開き、7月の都知事選で党の方針に反して小池知事を支援した豊島、練馬両区議7人の扱いを協議した。

 30日が処分の判断期限だったが、先送りすることを決めた。
 都連会長の下村博文幹事長代行は会合後、記者団に「7人の話を聞いてから判断したい」と述べた。下村氏によると、小池氏らから7人の弁明を聞くよう要請があったという。
 都連は9月、7人に「10月30日までに離党しなければ除名する」との離党勧告処分を下したが、7人は勧告に応じなかった。都連内では厳しい処分を求める声が大勢だが、実際に除名すれば、小池氏との関係が再び悪化すると判断した。

(引用終わり)

NHKのニュースサイトから


自民都連 小池知事支援の区議処分 調整に時間も

自民党東京都連は、7月の東京都知事選挙で党の方針に反して小池知事を支援し離党勧告を受けた区議会議員7人について、小池知事の要請も踏まえ、30日になっていた処分の期限を延期しましたが、都連内には処分を求める意見も多く、今後、調整に時間がかかることも予想されます。

自民党東京都連は、7月の東京都知事選挙で党の方針に反して小池知事を支援した、豊島区と練馬区の区議会議員合わせて7人に対し、先月、離党するよう勧告したうえで、7人が、30日までに離党届を提出しなければ、除名処分もあり得るとしていました。
これに対し、7人が協議の結果、勧告に従わず、30日までに離党届を提出しなかったため、都連会長の下村幹事長代行をはじめ都連幹部が30日夜、対応を協議しました。そして、「7人の側の意見を聞いてほしい」という小池知事の要請も踏まえて、処分の期限を延期することを決めました。
下村氏は、処分について、今後、7人の区議会議員ひとりひとりから意見を聞いたうえで最終的に判断する考えですが、都連内には、「7人の後ろ盾の小池知事と決定的に対立するのは避けるべきだ」という意見がある一方で、「離党届が提出されなければ粛々と除名処分にすべきだ」という意見も多く、今後、調整に時間がかかることも予想されます。