Unknown虚しいのは、司法判断が出ても、沖縄の問題が解決につながる可能性がないことです。
解決につながる道筋が見えたのならいいのですが、実際には、そうではなく、さらに混迷を深める、ということになります。

最高裁も判断を求められるころになれば、しんどいことだろう、と、思います。


NHKのニュースサイトから

辺野古沖埋め立て 国の訴え認める判決 福岡高裁

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設先とされている名護市辺野古沖の埋め立て承認をめぐり、国が沖縄県を訴えた裁判で、福岡高等裁判所那覇支部は国の訴えを認め、翁長知事が承認を取り消したのは違法だとする判決を言い渡しました。

名護市辺野古沖の埋め立て承認をめぐって、国はことし3月、翁長知事が行った承認取り消しを撤回するよう求める是正指示を出しましたが、県が応じなかったため、撤回しないのは違法だとする訴えを起こしました。
これに対して県は、前の知事による埋め立て承認は環境への影響を十分に考慮していないなど不合理で、翁長知事による承認の取り消しに違法性はないと主張しました。
16日の判決で、福岡高等裁判所那覇支部の多見谷寿郎裁判長は、国の訴えを認め、翁長知事が行った承認の取り消しや、県が取り消しを撤回しないことは違法だとする判断を示しました。
埋め立て承認をめぐっては国と県の双方が裁判を起こし、ことし3月に和解が成立したあとも再び法廷で争われる異例の経緯をたどっていて、司法の判断が示されたのは初めてです。
県は判決を不服として最高裁判所に上告する方針のため、国が中止している埋め立て工事は引き続き再開されない見通しです。

沖縄県副知事「不服で納得できない」
判決を受けて、沖縄県の安慶田副知事はNHKの取材に対し「想定内ではあるが、われわれとしては埋め立て承認の取り消しが違法だとは考えていないので、判決には不服で納得できない。内容を精査したうえで、最高裁判所に上告する手続きをとりたい」と述べました。

(引用終わり)

沖縄タイムスから

国と沖縄県の争い最高裁へ

 違法確認訴訟の判決後、敗訴した沖縄県側は7日以内の23日までに最高裁に上告することができる。仲井真弘多前知事が下した承認処分の適法性を訴え、辺野古新基地建設の工事を進めたい国と、承認の瑕疵を訴える県が、高裁判決後、互いに主張を取り下げる気配はない。紛争が最高裁に持ち込まれるのは必至の情勢だ。

 同訴訟では、地方に権限のある法定受託事務に対し、国がどのような場合に介入(関与)できるかが問われている。憲法が保障する地方自治のあり方や、国と地方の「対等・協力」関係をうたった改正地方自治法の趣旨も問われている。
 上告された場合、自治法が定める国の「是正指示」や、知事の裁量による行政処分の取り消しの基準について、最高裁が初の判断を下す可能性がある。
 最高裁への上告に当たっては、高裁の判決に
(1)憲法解釈の誤りがあること
(2)法律に定められた重大な訴訟手続きの違反があること
-が理由となる。最高裁は高裁判決の中に判例に反する判断や、重要な法令解釈に関わる事項を含んでいるときは、上告の申し立てを受理する。
 最高裁の審理は、通常5人の判事で構成される小法廷で開かれる。憲法問題を含むような事件については、15人全員の判事がそろう大法廷で審理される。上告に理由がない場合は、口頭弁論を開かずに却下や棄却の決定が出せる。
 一方で、高裁判決を破棄する場合は、必ず口頭弁論を開かなければならない。最高裁は(1)、(2)の場合や、高裁判決に明らかな法令解釈の違反があるときは、判決を破棄できる。