今回の声明は、中国寄りの政策を重ねてきた、馬総統の最後の仕事、のようです。
今月中に、総統の交代があるそうです。

台湾の新しい総統が、どっちサイドに立ち位置があるのか、様子をみていますが、今のところ、こちら側だと思っています。
しかし、今後、いろいろなルートで、あちら側に絡め取られていく可能性があるので、油断はできません。日本側も、いろいろアプローチはしているのでしょうけれども。

台湾


NHKのニュースサイトから

台湾総統「沖ノ鳥島は岩」と声明 日本は抗議

日本最南端の沖ノ鳥島沖の排他的経済水域で違法に操業したとして海上保安庁が台湾の漁船をだ捕したことを受けて、台湾の馬英九総統は沖ノ鳥島について「岩であり、島ではないため、日本が排他的経済水域を主張することはできない」とする声明を出しました。

今月25日、海上保安庁は、東京の沖ノ鳥島沖の排他的経済水域内で違法な操業をしていたとして台湾の漁船をだ捕しました。船長は担保金を支払うことを約束して釈放されましたが、台湾の漁業関係者や議員らが27日、日本の台湾との窓口機関「交流協会」が入る建物の前で抗議活動を行い、一部の参加者が建物に生卵を投げつけました。
今回のだ捕に関連して台湾の馬英九総統は27日、安全保障を担当する高官の会議を開くとともに、沖ノ鳥島について「岩であり、島ではない。日本が排他的経済水域を主張することはできない」とする声明を出したうえで、関係機関に台湾の漁船を保護するよう指示しました。

外相 台湾側に抗議
岸田外務大臣は記者団に対し「沖ノ鳥島は、国連の海洋法条約上、島としての地位が確立していると考えており、その周辺には排他的経済水域が存在する。台湾側の独自の主張は受け入れることはできない」と述べ、台湾での日本政府の窓口となっている「交流協会」を通じ27日夜、台湾側に抗議したことを明らかにしました。