svgノーベル平和賞ももらい、核兵器廃絶を世界へ公約したオバマ大統領、なかなか、成果は出ませんでしたが、最大の成果は、この日本から、兵器級の核物質を奪還したこと、かもしれません。
その引き換え条件として、日本政府が得たものはなんなのでしょう?
もっと、日本政府は、私たちに有権者、国民に説明する必要がある、と、思います。


関連記事

2016/03/29
京大原子炉にある兵器級ウランもアメリカが奪還
http://politic.blog.jp/archives/1054789583.html

2016/03/22
東海村の高濃縮プルトニウム、アメリカが奪還
http://politic.blog.jp/archives/1054389774.html


読売新聞から

日本の核燃料撤去計画、オバマ大統領が評価

 米国のオバマ大統領は1日、核安全サミットで、日本が米国と合意した高濃縮ウランやプルトニウムの撤去計画について、「(核物質撤去の)歴史上、最大のプロジェクトだ」と評価した。

 撤去計画は、京大の臨界集合体実験装置の高濃縮ウランを米国に移送する内容で、日米両政府が1日、共同声明で発表した。日本原子力研究開発機構の高速炉臨界実験装置のプルトニウム撤去も前倒しして完了された。
 安倍首相はサミットの席上、「日本は利用目的のないプルトニウムは持たないとの原則を実践する模範国だ。他国に比類のないレベルの透明性を確保し、適正な管理を徹底している」と説明した。オランダのルッテ首相も撤去を歓迎した。