夏の安保法制の戦いで、活躍され、その人格のすばらしさを感じた、北沢俊美元防衛大臣が引退を検討されているそうです。
長野県人らしい、言葉数は少なくても、その言動には一本の筋の通った政治家だと思います。

Unknown

後任に、TBSの杉尾氏の名前を朝日新聞が報道していました。
どうなるでしょうか。

マスコミに対する政権与党の態度は、眼に余るものがありますので、しっかりしたジャーナリストを国政の場に送り出すことは、私たち主権者の責任でもある、と、私は思います。


朝日新聞から

民主候補にTBS杉尾氏が浮上 来夏の参院選長野選挙区

 来夏の参院選長野選挙区(改選数1)で、民主党長野県連の公認候補者として、TBS報道局編集センター解説・専門記者室長の杉尾秀哉氏(58)の名前が浮上していることが複数の関係者への取材でわかった。県連は年内の候補者内定に向けて最終調整を進めており、年明けに公表する方針だ。

 県連代表で現職の北沢俊美元防衛相(77)は進退を明らかにしていなかったが、後任の候補者が決まれば引退するとみられる。
 杉尾氏は兵庫県出身。報道番組「ニュースの森」や「新サンデーモーニング」などでキャスターやコメンテーターを務め、今月26日に年内で退社することが明らかになっていた。
 候補者選考をめぐって、民主党は11月6日、党の最大の支持母体である連合長野の中山千弘会長から早期の候補者決定を求められ、「11月末までに決める」と伝えていた。だが、候補者選びが難航し、決定期限を「年内をめど」に延期。北沢氏は28日、取材に対して、自身を含めた複数の候補者から最終調整をして、年内には候補者を内定し、年明けに発表する考えを示していた。
 今年7月に改正公職選挙法が成立したのを受け、参院選長野選挙区の定数は4から2に削減。近年は自民党と民主党が2議席を分け合う構図だったが、今回は改選の1議席が争われる。すでに自民党現職の若林健太氏(51)が立候補を表明。共産党も唐沢千晶氏(45)の擁立を決めているが、民主党との選挙協力が実現すれば立候補を取りやめることも示唆している。

(引用終わり)

産経新聞から

民主党の“隠し球”判明 長野選挙区にTBSの杉尾キャスター擁立

 民主党は28日、来年夏の参院選長野選挙区(改選定数1)に、TBSの報道局解説・専門記者室長(解説委員)で新人の杉尾秀哉氏(58)を擁立する方針を固めた。複数の同党関係者が明らかにした。長野県連による公認申請などの手続きを経て1月中に公認を正式決定する方針。民主党は杉尾氏を参院選選挙区の「目玉新人候補」に位置づけている。

 杉尾氏は昭和32年、兵庫県加古川市出身。東大文学部卒。1956年にTBSに記者として入社した。報道局社会部、政治部など報道畑を歩み続け「ニュースの森」のキャスター、ワシントン支局長なども歴任。
 改選定数が2から1に減る参院選長野選挙区で民主党本部は、現職の北沢俊美元防衛相(77)に5選出馬を求めていた。しかし北沢氏自身が引退を決断し、その後継候補として長野県を地盤としていた羽田孜元首相と近い杉尾氏に白羽の矢を立てた。杉尾氏は平成25年1月、長野県高森町から「市田柿ふるさとPR大使」を任命されるなど同県と縁深いという。
 同選挙区には、自民党が現職の若林健太氏(51)、共産党が県常任委員で新人の唐沢千晶氏(45)の擁立を決めている。
 ただ共産党は安全保障関連法廃止の共闘態勢が整えば、民主党公認候補を支援することを検討しており、野党共闘の行方次第では自民、民主両党による一騎打ちの構図になりそうだ。