いよいよ、沖縄県が国を提訴したそうです。
那覇地方裁判所への提訴ということになります。

この国には、制度上、憲法裁判所や行政裁判所がありませんので、こういう案件の裁判が複雑になります。

images

当サイトの関連記事

2015/12/25
沖縄の不服申し出却下 国地方係争委
http://politic.blog.jp/archives/1048328210.html

2015/12/18
沖縄県議会 知事の埋め立て承認取り消しを無効とした国交相への裁判議案可決
http://politic.blog.jp/archives/1047813642.html

2015/11/27
安倍首相、アメリカ海兵隊トップに 辺野古「確固たる決意」
http://politic.blog.jp/archives/1046070209.html

2015/11/18
翁長知事が選出された時点で、工事の中止を行なうべきだった
http://politic.blog.jp/archives/1045350757.html

2015/11/12
辺野古承認取り消し 翁長知事が是正指示を拒否「適法」と
http://politic.blog.jp/archives/1044862223.html

2015/11/09
辺野古基地建設 埋め立て承認取り消し 国が撤回を指示へ
http://politic.blog.jp/archives/1044626877.html

2015/10/27
辺野古承認取り消し、国交相が知事の効力停止へ
http://politic.blog.jp/archives/1043588966.html

2015/10/13
辺野古埋め立て承認、13日取り消し…沖縄知事
http://politic.blog.jp/archives/1042488260.html


NHKのニューサイトから

普天間基地移設計画巡り 沖縄県が国を提訴

アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、沖縄県は、名護市辺野古で進められている移設工事を止めるため、国を相手にした訴えを25日、那覇地方裁判所に起こしました。移設計画を巡り、国と沖縄県が互いに相手を訴える異例の事態となっています。

アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡っては、沖縄県の翁長知事が名護市辺野古沖の埋め立て承認を取り消したのに対し、国土交通省は沖縄防衛局の申し立てを認めて取り消しを一時停止し、移設工事が進められています。
沖縄県は、国土交通省の決定の手続きに違法な点があるとして、移設工事を止めるため、この決定を取り消すよう求める訴えを25日午後、那覇地方裁判所に起こしました。
訴えでは、移設工事によって現地の自然環境は回復できないほどの被害を受けるほか、民意に反してアメリカ軍基地を新たに建設することは憲法が保障する自治権を侵害するなどと主張しています。
また、沖縄県は、裁判が行われる間、工事を中断させる申し立ても合わせて行いました。
普天間基地の移設計画を巡っては、埋め立て承認の取り消しを放置すれば著しく公益を害するなどとして、国が、知事に代わって埋め立て承認の取り消しを撤回する「代執行」を求め、裁判を起こしていて、国と沖縄県が互いに相手を訴える異例の事態となっています。

翁長知事「不退転の決意途切れず」
名護市辺野古で進められている移設工事を止めるための裁判を起こしたことについて、沖縄県の翁長知事は25日夕方、県庁で記者会見し、「県民の誇りと尊厳を守るという意味からすると、やむをえないものだ。この訴えは、沖縄防衛局が行う埋め立て工事を止めるうえで有効な方法だと考えている。新辺野古基地はつくらせないという不退転の決意を途切れずに示したことは大きなことだ」と述べました。
また、翁長知事は、記者団が、国を相手にした裁判の勝算について質問したのに対し、「沖縄県の主張は正当だと思っているので、必ず理解してもらえると思う。裁判の結論も大切だが、法廷闘争が継続していくことによって、多くの国民や県民にこの問題を理解、共有してもらい解決できると思う」と述べました。
一方、翁長知事は、24日、国と地方の争いを調停する国地方係争処理委員会で県の申し出が却下されたことについて、「長時間にわたり検討が重ねられたことは一定の評価をするが、実質的な審査は一切行われなかった。委員会の存在意義をみずから否定しかねないもので誠に遺憾だ」と述べました。

防衛相「大変残念 作業は進める」
中谷防衛大臣は防衛省で記者団に対し、「おととしの仲井真前知事による埋め立て承認には何ら瑕疵はなく、翁長知事の取り消しは違法だ。沖縄県の主張は今後明らかにされるだろうが、政府と考え方が異なる主張での訴訟の提起であれば大変残念だ。作業は、法律に従いつつ、住民への影響などを見ながら進めていきたい」と述べました。

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、国と沖縄県が互いに相手を訴える異例の事態となっていることについて、「極めて残念だ」と述べました。そのうえで、菅官房長官は「普天間飛行場の危険除去・閉鎖を約20年前に日米の方針として決定し、地元の皆さんの同意をいただき、閣議決定をして進めてきている。その間に、普天間飛行場の危険はそのままになっており、そうしたことを考えた時に、やむをえないと認識している」と述べました。

民主・長妻氏「官房長官が譲歩案を」
民主党の長妻代表代行は記者会見で、「国と自治体が訴訟合戦をするのは異例の事態であり、ここまでこじれることは、普通ではありえない。国が全く譲歩せずに突っ込んでいくようでは、責任を果たすことはできないので、担当の菅官房房長官が地元とぶつからないための譲歩案を提示して、エスカレートしないようにしなければならない」と述べました。

共産・小池氏「県の提訴を支持」
共産党の小池政策委員長は記者会見で、「国が今行っている埋め立て工事は、無法かつ違法なものであり、沖縄県による提訴を断固支持する。提訴した以上、裁判が行われている間は工事を中止せよという沖縄県の主張も当然の要求だと思うので、裁判中は工事の中止を求める」と述べました。

辺野古では掘削調査が終盤に
名護市辺野古の埋め立て予定地に隣接するアメリカ軍基地の中では、埋め立て承認の取り消しが一時停止されたことを受けて、ことし10月、沖縄防衛局が埋め立て工事に着手しました。辺野古の沖合で行われてきた海底の地質を調べるボーリング調査も残り2か所となっていて、沖縄防衛局は今後、海上での工事も本格化させることにしています。
一方、アメリカ軍基地のゲート前では25日も移設計画に反対する人たちが抗議の座り込みを行い、「工事は今すぐやめろ」などとシュプレヒコールを上げていました。
座り込みに参加した浦添市の76歳の女性は「沖縄県が裁判を起こしたのは当然だと思う。県民は、基地は絶対につくらせないと何度も意思表示をしてきたので知事にはそれを貫いてほしい。政府の理不尽さを国民に広く知ってもらう裁判にしてもらいたい」と話していました。