russia中東への関与を強めているロシアは、インドに接近しているようです。

インド側も、中国に対抗して、旧ソ連やロシア製の武器を調達してきたということもあり、ロシアとの接近はメリットがある、ということでしょうか。おそらく、ロシア側が提示した条件が、インド側にとってバーゲンになっていたのでしょう。

武器を売って利益を得る、あるいは、危機をあおって利益を得る、ということがなくならない限り、完全な世界平和は実現しない、と思います。


NHKのニュースサイトから

ロシアとインド 最新兵器を共同開発へ

ロシアのプーチン大統領とインドのモディ首相が会談して、最新兵器の共同開発を進めることを確認し、厳しい経済状況が続くロシアとしては、兵器の輸出を拡大するねらいがあるものとみられます。
ロシアのプーチン大統領とインドのモディ首相は、24日にモスクワで首脳会談を行ったあと記者会見しました。

このなかでプーチン大統領は、インドとの兵器の取引に言及し、「ロシアは既存の兵器を販売するだけでなく、インドと緊密な技術協力を行っている」と述べました。そのうえで「共同開発した対艦ミサイルの大量生産が始まった」と述べるとともに、戦闘機や輸送機などで共同開発をさらに進めることを確認したと明らかにしました。
ロシアとしては、原油価格の下落やウクライナ情勢を巡る欧米による制裁で、厳しい経済状況が続く中、最大の武器の輸出先のインドと最新兵器の共同開発を進めることで、兵器の輸出を拡大するねらいがあるものとみられます。
ロシアは、過激派組織IS=イスラミックステートの拠点に対して、潜水艦や長距離戦略爆撃機からミサイルを発射する様子を公開するなどして、兵器の性能をアピールしていて、兵器の売却につなげる思惑があるという見方も出ています。