images世界各地、特に、アメリカで、韓国人系の政治団体が、従軍慰安婦の問題を例にして、反日活動を繰り広げることをやめることなれば、と、思います。
もちろん、政治的活動の自由を保障しなければなりませんから、それらの運動を禁止する、ということは現実的ではありません。

韓国政府が、この問題は日韓の間で解決しており、歴史上の事項になった、と、明確に示し、韓国国民の世論も、それを支持する、という状況になれば、そのような特殊な政治団体の活動も、支持が広がらず、沈静化に向かう、と、思います。

メリットがあるから、政治的活動が継続され、また、支持の広がりが出る、ということがありますから。


NHKのニュースサイトから

従軍慰安婦問題 韓国外相「もう少しで結果報告」

韓国のユン・ビョンセ(尹炳世)外相は23日、日本との間で最大の懸案となっているいわゆる従軍慰安婦の問題について、「もう少し待ってもらえれば、結果を報告する時が来るだろう」と述べ、問題の早期解決に向けて楽観的な見方を示しました。

いわゆる従軍慰安婦の問題を巡っては、先月の安倍総理大臣と韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領との首脳会談で、早期の妥結を目指し、協議を加速させることで一致し、両国の外務省の局長級による協議が続けられています。
これについて韓国のユン・ビョンセ外相は23日、ソウルで開かれた公開討論会で、「両国の指導者が合意したように、この問題を解決、妥結できるよう最善の努力を尽くす覚悟だ。両国がある程度妥協できるような解決策を作るため、さまざまな次元で努力している」と述べ、交渉が重要な局面に入っているとの認識を示しました。そのうえでユン外相は「もう少し待ってもらえれば、結果を報告する時が来るだろう」と述べ、問題の早期解決に向けて楽観的な見方を示しました。