おおさか維新は、大阪を「副首都」に位置付ける法案を取りまとめて、来年の参院選を戦う方針だそうです。
logo

中央集権、東京一極集中には、私も反対の気持ちを持っています。
そして、関西地方の大阪、京都、奈良、神戸などのユニークで魅力的な街が栄えることを夢見ています。

でも。

新幹線の路線図を見ると、日本が東京一極集中になっていることがよくわかります。
ずっと、大阪関西の経済圏だった日本海側も、東京の経済圏に飲み込まれつつあります。
テレビの影響も大きいのだろうと思いますが、今では、日本人全体の意識として、東京への憧憬がある、と思います。

大阪を「副首都」に、ということでは、日本全体には支持は広がらないだろう、と、思うのです。
京都や兵庫に支持が広がるかさえ、微妙。

ただ、それと引き換えに、いろいろな政治案件について、与党と交渉し、互いに実利を得る、という政治が行われそうですので、与党を補完する勢力として、日本国民は注視し続けていかねばならない、と、感じています。

参院選を控えて、今後、大阪の自民党はどうするんでしょうか。
民主党は?


読売新聞から

おおさか維新、大阪「副首都」法案を策定へ

 橋下徹大阪市長率いる国政政党「おおさか維新の会」は24日、大阪を「副首都」と位置づけるための法案を来夏の参院選までに取りまとめる方針を決めた。

 大阪市長選で初当選した同党の吉村洋文政調会長が市内で記者団に明らかにした。吉村氏は「(副首都化は)党の最重要項目。僕らはこういう考えだと示し、次の参院選を戦いたい」と述べた。