svg私たちの政府は、何を考えているのでしょうか。
これは、日本国民の総意でよいのでしょうか。

本部長が誰か、は、ほとんど関係ないのですが、沖縄県警の本部長は、現在、加藤達也氏で、2014年8月に、警察庁から異動されたそうです。
いまの政権の国家公安委員長は、河野太郎氏、です。

しかし、警察庁としても、この国の民主主義に対抗する権力側の実行力として印象付けられるのは、本意ではない、と、思いますが。


NHKのニュースサイトから

名護市辺野古の警備に警視庁機動隊派遣へ

国がアメリカ軍普天間基地の移設先としている名護市辺野古の沿岸部に警視庁の機動隊員百数十人が派遣され、沖縄県警の指揮の下、警備に当たることが警察関係者への取材で分かりました。現場で続く住民などの抗議行動に県外の警察が直接対応するのは異例のことです。

国が普天間基地の移転先としている名護市辺野古の沿岸部では、埋め立て工事を巡って、国と沖縄県の主張が対立するなか、29日工事が開始され、住民などによる抗議行動が行われています。
周辺の警備には、これまで、地元の沖縄県警があたってきましたが、長期化する可能性もあるとして、要請を受けた警視庁が警察官を派遣することになりました。警察関係者によりますと、派遣されるのは警視庁の機動隊員百数十人で、沖縄県警の指揮の下、来月上旬から現場に配置される予定だということです。警視庁の機動隊が沖縄に派遣されたことはこれまでにもありましたが、主な役割は那覇市内などの重要施設の警備で、今回のように、現場で続く住民などの抗議行動に直接対応するのは異例のことです。