これは、辺野古基地建設をあくまでも阻止しようとしている沖縄県への揺さぶり、脅迫でしょうか。

普天間基地を抱える宜野湾市の市民感情も微妙になってくるかもしれません。

負担を強いることの引き換えに、本土への受け入れなどの軽減策を行う、というような構図になっては、沖縄県民の犠牲がいつまでたっても軽減しないように思われます。
沖縄県民の負担軽減策、もっと、真剣に考えなければなりません。

もっと、知恵のある政治をしてもらいたい、と、思うのです。


読売新聞から

防衛相、佐賀知事にオスプレイ移転取り下げ伝達

 中谷防衛相は29日午前、佐賀県庁で同県の山口祥義知事と会談し、沖縄県の米軍普天間飛行場に所属する米軍輸送機「MV22オスプレイ」の佐賀空港(佐賀市)への訓練移転について、要請をいったん取り下げる考えを伝えた。

 陸上自衛隊のオスプレイの配備については、改めて理解を求めた。
 会談で、中谷氏は米軍機の訓練移転について、「陸自機の配備と切り離し、要請を取り下げる。沖縄の負担軽減を全国で分かち合うため、他空港と横並びで佐賀空港の活用を考慮したい」と述べ、将来の検討には含みを残した。
 これに対し、山口氏は「取り下げが明確になったことは大きな意味がある」と評価。陸自機の配備については、「説明内容を時間をかけて精査する。慎重には慎重を重ねて対応したい」と述べるにとどめた。