徴兵制の問題が広がりを持っているようです。
私自身は、今回の集団的自衛権の問題と、徴兵制の問題はかなり距離のあるものと思っています。現実感に乏しいものと。その通りならいいのですが。

安倍首相は、国会の答弁で、日本が徴兵制を行うことは絶対にない、と、断言を繰り返しています。

気になるのは、その根拠として、憲法の規定を持ち出していることなのです。

今、問題となっている、法的安定性ともつながっていることなのですが、集団的自衛権は認められない、という、過去の一貫的な憲法解釈を変更して、容認できることに一変させたことから、安倍首相自身が、現行の憲法の規定を理由に、徴兵制が導入されることはない、と、言っても、まったく、説得力がなくなってしまったのです。

これが、法的安定性がなくなった、ということでしょう。

今回の憲法解釈の変更、とても罪深いものだ、ということがわかります。
内閣法制局の、故小松長官と今の横畠長官は、悪い意味で、歴史に名を残すことになった、と思います。