今年は、今までにない、暑い夏 になりそうです。
70年前も大変暑い夏だったそうです。

読売新聞の報道からですが、
「中韓両国を刺激しないよう、発表に合わせた首相記者会見も見送る方向だ。」
とあります。

そんなばかな。

また、記事によれば、まだ、閣議決定をしないかどうかは確定していないようです。
また、英語訳だけでなく、中国語や韓国語訳も用意するのだそうです。

公明党は、与党としての立場を優先し、安保法制でかなり譲歩したつもりですが、参議院の審議が始まった今、創価学会を巻き込んで、党内がぐらつき始めているようです。
戦後70年談話では公明党の面子を立ててほしい、と、思っていると思います。

しかし、安倍首相を支えている、自民党内外の右派勢力が、首相談話での安倍首相の「安易な」譲歩、政治的判断を許さない、という姿勢が強いようです。
それでなくても、安倍首相の弱気が、右派勢力側のいらだちを強めていると思われますので。


読売新聞から

70年談話苦慮の首相…歴史認識・閣議・公明

 安倍首相は、8月に発表する戦後70年談話をめぐり、対応に苦慮している。

 公明党との事前調整を踏まえ、談話を閣議決定する案も再浮上するなど、談話の位置づけが固まらないためだ。政府は談話の真意が伝わるよう、外国語版も用意する構えだが、談話の文言調整も発表直前までかかりそうだ。

 ◆歴史認識
 戦後50年の村山首相談話と60年の小泉首相談話は、「植民地支配と侵略」によって、「多大の損害と苦痛」を与えたことを踏まえ、「痛切な反省」と「心からのおわび」に触れている。
 安倍首相は70年談話にこれらの表現をそのまま盛り込むことに消極的とされる。首相周辺も「小泉談話は、自らの靖国神社参拝で悪化した中韓との関係のバランスを取る必要があった。今は配慮する必要はない」と語る。
 ただ、過去の談話の表現を引き継がない場合、中韓両国が強く反発しそうだ。政府は英語訳に加え、中国語や韓国語訳も用意する。談話内容が現地のマスコミなどに恣意しい的に引用され、誤解を招くことを防ぐ狙いがある。中韓両国を刺激しないよう、発表に合わせた首相記者会見も見送る方向だ。

 ◆閣議決定
 村山、小泉両首相談話はいずれも閣議決定を経て発表された。これに対し、70年談話は当初、閣議決定しない予定だった。過去の談話にとらわれず、安倍首相の独自色を前面に打ち出すためだ。首相は2013年12月、靖国神社を参拝した際にも、「首相の談話 恒久平和への誓い」とする私的な談話を発表した例がある。
 しかし、自民党内の保守系議員の間から、「過去の談話を塗り替えるためには、閣議決定すべきだ」とする声が上がりはじめた。未来志向の談話を閣議決定することで、過去にとらわれない政府の立場が明確になるというわけだ。首相は最近、「閣議決定は必要ないと思ったが、まだ決めていない」と周辺に漏らしている。

 ◆事前調整
 公明党との事前のすり合わせ次第では、談話の内容だけでなく、閣議決定するかどうかの判断にも影響しそうだ。
 公明党は70年談話について、過去の談話を継承するべきだとの立場を取っている。首相との調整を通じ、「できるだけ過去の談話の色彩を強めたい」(ベテラン)との思いが強い。党内からは「発表直前に持ってこられても困る。党内で検討できるだけの時間を設けてほしい」(党幹部)との声が上がる。