大西英男議員は、あえて、緊張をもたらす発言をマスコミに行い、その発言がどのように切り取られ、報道されるのか、ある種の実験、挑戦をしているのかもしれません。

しかし、「懲らしめる」というのは、どういうことなんでしょう。

そして、これは、谷垣幹事長への挑戦状とも言えます。

自民党内の抗争に発展していくでしょうか。


東京新聞から

自民・大西氏が再び報道批判 「報道機関懲らしめる」

 自民党の大西英男衆院議員は30日、党内若手勉強会で報道機関に圧力をかける発言をしたことについて「問題があったとは思っていない」と国会内で記者団に述べた。安全保障関連法案に絡み、徴兵制につながる恐れを指摘する報道に関し「徴兵制は全く関係ない。そう報道している一部マスコミがある。懲らしめないといけない」と強調した。

 同時に「誤った報道をするマスコミに対して広告は自粛すべきだと個人的に思う」と訴えた。「(自民党が)言論の弾圧をするなんていうのは絶対にあり得ない」とも語った。