安保法制ですが、次第に論理が壊れていっています。

横畠内閣法制局長官も、答弁が少し崩れたように思われます。
公海上の米艦への攻撃が、日本への武力攻撃と認定できるのかどうかは、私には、よくわからない部分がありますが、朝鮮有事の場合は、その関連性の説明は成立するかもしれません。南シナ海の場合は成立しないように思います。
ホルムズ海峡の機雷掃海の件も、政府側の説明が、少し変容しているようです。

今後の展開の注視が必要です。


東京新聞から

個別的自衛権でも対応可 横畠氏、公海上の米艦防護

 横畠裕介内閣法制局長官は29日の衆院平和安全法制特別委員会で、朝鮮半島有事に公海上で警戒する米艦に対する攻撃への対応に関して「日本への武力攻撃と認定できるのであれば、個別的自衛権で対処できる」と述べた。米艦防護は安倍晋三首相が集団的自衛権行使の典型例と説明している。民主党の長島昭久氏は個別的自衛権で対応が可能であるなら、集団的自衛権行使は不要になると追及した。

 中谷元・防衛相は「日本への武力攻撃か、密接な関係の他国に対する武力攻撃かは非常にあいまいだ。状況による」と述べ、集団的自衛権で対処する場合もあるとの考えを示した。