国民にきちんと知らせ、民主主義の機能を適切に起動させることが大切なことと思います。

ギリシアのチプラス首相は、現在の問題を解決する能力を有していない、と、私は思います。
ロシア寄りのチプラス首相と、EUとの間で、チキンレースのようになっています。ウクライナのケースに似てきたように思います。


朝日新聞から

ギリシャ、銀行閉鎖を発表 首相は欧州中央銀を批判

 財政危機にあるギリシャのチプラス首相は28日夜、29日から国内の銀行を休業させ、預金の引き出し制限などの資本規制を敷くと発表した。銀行からの資金流出を止め、破綻を防ぐ狙いとみられる。ただ、欧州連合(EU)などは30日期限の金融支援プログラムの延長を拒んでおり、危機回避の見通しは立っていない。

 チプラス氏は具体的な内容を明らかにしていないが、ギリシャ政府関係者によると、銀行の休業は7月6日まで続ける方向だ。EUなど支援側が示した改革案の受け入れの是非を問う国民投票(7月5日)の翌日にあたる。
 預金の引き出し額は数日間、1日60ユーロ(約8100円)に制限する。海外銀行発行のキャッシュカードは対象にせず、外国人観光客には影響がないとしているが、観光業など経済活動に影響が広がるのは必至だ。
 欧州中央銀行(ECB)は28日、ギリシャの中央銀行を通じてギリシャの銀行に供給する資金量の上限を現状のまま維持すると発表した。ECBはこれまでギリシャの銀行の資金繰りを支えるため、上限を引き上げてきた。だが、今回は現状維持にとどまり、チプラス氏は「ギリシャの中央銀行が銀行休業と預金引き出し制限の勧告を強いられた」と批判した。

(引用終わり)

読売新聞から

ギリシャ、銀行の営業停止…冷静な対応呼びかけ

 ギリシャのチプラス首相は28日夜、テレビ演説を行い、29日から国内の銀行の営業を停止し、預金引き出しや送金を制限する資本規制を行うと発表した。

 チプラス氏は「預金は安全だ。給与や年金の支払いは保証される」と強調したが、市民生活や経済活動が打撃を受けるのは必至とみられ、国内では現金自動預け払い機(ATN)に長い列ができるなど不安が広がっている。
 チプラス氏は演説で、27日の欧州連合(EU)のユーロ圏財務相会合でギリシャが要請した金融支援の延長が拒まれたことから、「ギリシャの中央銀行は、銀行の営業停止と引き出し制限の提案を迫られた」と説明した上で、国民に冷静な対応を呼びかけた。支援延長の拒否については、「民意を脅かし、(7月5日に予定する)国民投票の円滑な実施を阻むものだ」と批判した。