9月の自民党総裁選で、安倍首相が選ばれる見込み、とのことですが、本当でしょうか。
問題は山積しており、しかも、その多くが、安倍首相などのいまの執行部が自ら招いた事態でもあり。

「過去を学び『分厚い保守政治』を目指す若手議員の会」が、興味深い活動を行っていましたが、とうとう、開催が中止に追い込まれたそうです。

党内の異論を封じるためだとすれば、いよいよ、崩壊の序曲が聞こえてきたように、私には感じられます。執行部の焦りを感じるのです。

いまの自民党は、以前の自民党とは違います。
国民政党とまで言われたこともありましたが、いまは、全く違う政党になってしまいました。

その最大の責任は、
安倍首相側だけでなく、もともとハト派だったはずの、谷垣禎一幹事長などにもあると思います。

中止となった今回は、小林よしのり氏、次回は、御厨貴氏、の予定だったそうです。
私も出席して、お話を聞きたかったです。もともと無理だけど(笑)

残念。


朝日新聞から

自民、小林よしのり氏招く勉強会中止 党内の異論封じか

 安全保障関連法案をめぐり、自民党執行部が党内の異論封じへ引き締めを図っている。25日に予定されていたリベラル系議員の勉強会に「時期が悪い」と注文をつけ、結局、中止に。OB議員の批判にも神経をとがらせる。法案への国民の理解が広がらず、憲法学者から「違憲」と指摘された焦りからか、身内の動向にまで敏感になっている。

 中止に追い込まれたのは、党内ハト派とされる「宏池会」(岸田派)の武井俊輔、無派閥の石崎徹両衆院議員らが立ち上げた「過去を学び『分厚い保守政治』を目指す若手議員の会」だ。この日、漫画家の小林よしのり氏を招いて5回目の会合を開く予定だったが、2日前に急きょ中止が発表された。
 小林氏は、自衛隊を軍隊と位置づけるべきだとの立場から、改憲を主張する保守派の論客だ。憲法の解釈を変更して集団的自衛権を使えるようにした安倍晋三首相に批判的な立場だ。
 複数の議員によると今月中旬、党幹部の一人が「分厚い保守政治の会」のメンバーに対し、「安全保障関連法案への審議に影響がある」として法案成立まで会合を開かないよう求めたという。別の党幹部は「小林氏を呼べば、政権批判をされ、憲法学者が法案を違憲だと指摘した二の舞いになる」と打ち明ける。
 一方、メンバーには「党内の幅広い意見が消える」との声もあり、政治学者の御厨貴氏を呼ぶ予定だった次回の会合は中止せず、そのまま開くことを決めた。
 小林氏は朝日新聞の取材に「会合中止は国会が空転しているから、と説明されただけだ。執行部への抵抗勢力になるのが怖くなり、負けたんだと思う。自民は全体主義になっている」と語った。