文化の違い、として、容認することができるかどうか、が、私たちに問われるものと思います。
中国南部の広西チワン族自治区では、夏至の日に犬肉を食べる習慣があるそうで、そのことについて、朝日新聞が報道していました。

私たちの国にある、鯨肉を食べる習慣が世界的に批判されていることも同根の問題と思います。

ただ、犬肉祭の食用肉になる犬は人間が繁殖させて管理したもので、自然に繁殖しているクジラとは次元が異なるのかもしれませんね。


朝日新聞から

中国の犬肉祭、世界が批判 地元緊張「なぜ犬はだめ?」

 中国南部の広西チワン族自治区玉林市で22日の夏至に合わせて催される「犬肉祭」に対し、国内外で反対の声がわき上がっている。一方、自らの食文化として親しむ地元住民は例年通り、犬を食べるつもりだ。21日に市内の市場を訪ねると、緊張感が漂っていた。

 市場でつるされた犬肉にカメラを向けると、「撮るな」と、屋台の男性に詰め寄られた。市場の管理事務所員3人も現れ、「写真を撮ってはいけない」と制した。屋台の女性は「家庭で親や子ども、だんなを愛せばいい。なぜ犬を愛す?」とまくしたてた。
 犬の鳴き声がする一角に近づいてみると、おりの中に小さな犬がいた。のぞき込むと、店員が「売り物じゃないから」と後ろに引っ込めた。