最高裁の砂川判決によって、国の自衛権は自然権であり、憲法に記載されていなくても、日本が保有していることは間違いない、という論拠になり、その結果として、自衛隊を保持することや、米軍が日本国内に駐留することが違憲ではない、ということになっていると思います。

私は、その考え方については、誤りはない、と思っています。
一人一人の人間が、自分から手をだして暴力をすることはなくても、自らが危険にさらされたときに我が身を守るために、最小限の自衛行為をする、ということと重なるからです。

しかし、その考え方で、いまの自衛隊の装備を見ていくと、疑問を感じざるを得ません。

「自衛のため」であるなら違憲ではない、なら、どんな戦力、装備を所有しても違憲ではないのか、ということです。

空母を所有しても違憲ではない、のか。
近隣国が空母を所有しているから、対抗する手段を保持しなければならず、それは違憲ではない、となるのか。
それでは、同様に、長距離弾道ミサイルは?、核兵器は?

エスカレートしていかないだろうか。
エスカレートしない、という保証はどこにあるのだろうか。

自衛のため、という大義名分、戦力を保持する目的は、きちんと抑制をしていないと、拡大するリスクがあります。
戦争は、侵略戦争であっても、国を守るために行われてきたことがある、という歴史がありますし、世界最大の軍隊であるアメリカ軍は、「国防省」という役所が管理運営をしています。

だから、「目的」だけではなく、具体的な中身が重要になります。
いまの自衛隊が保持している装備は、「自衛」を超えるものがある、と、私は感じています。
そうなれば、いまの自衛隊は違憲となる、可能性があるのです。