中国の台頭をアメリカの制服組は好ましく思わないとして、政治的な発言が多かったのですが、国防長官も同じ立脚点にたった演説を行ったようです。

文民統制も、好戦的な文民がその責任者につけば、本来の目的と異なる状況になるリスクがあります。

9月に、中国の習主席がアメリカを訪問して、オバマ大統領と会談する予定になっていますので、それまでは、中国側も慎重に対応することであろうし、大きな問題は起きないだろう、とは、思いますが。


読売新聞から

米国防長官、中国を非難…司令官に日系人就任

 カーター米国防長官は27日、ハワイ州で行われた米太平洋軍の司令官交代式で演説し、南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島で岩礁埋め立てや施設建設を進める中国の動きについて「中国は、国際規範や、力によらない紛争解決を求める地域の総意を乱している」と強く非難した。

 中国は米国の活動を念頭に、南シナ海での「接近偵察」を批判しているが、カーター氏は「国際法が許す限り、米国はあらゆる場所で、飛行、航行、作戦行動を続ける」とも語った。
 演説は、カーター氏がシンガポール、ベトナム、インドを歴訪するのに先だって行われた。式典では、アジア太平洋地域を管轄する太平洋軍司令官に、米海軍太平洋艦隊司令官を務めた日系のハリー・ハリス海軍大将(58)が正式に就任した。