いわゆる「制服組」が、どんな行動をしているか、きちんと国民に知らせることが、シビリアンコントロールにとって、重要なことです。
日本の自衛隊のトップが、いつ、どこで、どんな人と会っているか、特に、アメリカ軍との付き合いについては、きちんと知らせる義務があると思います。

ということで、それをきちんと伝えたNHKの報道姿勢は正しいことと思います。


NHKのニュースサイトから

次の太平洋軍司令官と日米連携を確認

日系アメリカ人として初めて、アメリカ軍のアジア太平洋地域のトップ、太平洋軍司令官に就任するハリス司令官は、自衛隊トップの河野統合幕僚長と会談し、新たな日米防衛協力の指針、ガイドラインに基づき、日米の協力を具体的に進めていくことを確認しました。

日系アメリカ人で、アメリカ軍の太平洋艦隊を率いるハリス司令官は、27日にアジア太平洋地域を管轄する次の太平洋軍司令官に就任します。
ハワイで開かれる司令官の交代式を前に、26日、ハリス司令官は自衛隊トップの河野統合幕僚長や佐々江駐米大使と相次いで会談し、先月合意した新たな日米防衛協力の指針、ガイドラインに基づいて、自衛隊とアメリカ軍との協力を具体的に進めていくことを確認したということです。
ハリス司令官は、南シナ海などで海洋進出を強める中国の動向を警戒しており、太平洋軍司令官に就任後、中国への対応が大きな課題になるとみられます。
会談後、河野統合幕僚長はNHKの取材に対し、「知日派のハリス司令官が太平洋軍司令官に就任されるということで、自衛隊も非常に喜んでいる。南シナ海での中国の埋め立ては世界的にも関心を集めており、今後、ハリス司令官と議論を深めたいと考えている」と述べました。
ハリス司令官は神奈川県横須賀市生まれ、母は日本人で、日系アメリカ人としては初めて、アメリカ軍のアジア太平洋地域のトップに就任することになります。