安倍内閣の閣僚に、どんどん政治資金や関係団体との問題が出てきていますが、それをもって、安倍内閣が退陣すべき、というのは、実は違うと思います。

安倍内閣が危険なのは、その歴史認識や統治機構のあり方についての認識だと思うからです。
もちろん、「カネ」は奇麗でないと困りますが、それが主たる理由であってはいけないと。

稲田政調会長が、先日から、かなり、その歴史認識に関するトーンをあげていますが、いろいろ、追い込まれているのかもしれません。

私たちが選出した議員、内閣が、どのようになっていくのか、しっかりと見ていかねばならないと思います。