ロシアのプーチン大統領が、かつてのロシア皇帝のようにふるまうことができるのは、結局、その国民の支持があるからであり、そういう意味では、民主主義という仕組みは困った方向にも動きやすい、ということにもなります。

ナチスの台頭、ヒトラーの全権掌握も、一応、民主主義の手続きを経て行なわれたものでした。
あのワイマール憲法のもとで。

大切なことは、誰でも立候補でき、主権者たる国民が、自由に自分の意思で投票できて、正確な開票作業が行われ、それが確定すること、つまり、公正な選挙の実施、と、その主権者が、きちんと知らされていること、つまり、知る権利、報道の自由の確保、と思っています。

今のロシアには、それが欠けている、のだろうと思います。
民主主義の正しい仕組みを守るのも、その国民の義務だと思います。