私は、もともと、就任にも反対でしたので、とりあえず、退任されることはよかったと思います。

公共放送の指導的立場に適任の方だったとは、最初から思えませんでした。
では、任命責任、というのはないのでしょうか。人事案は政府が提示するものだから、任命責任は政府にあるのか、それとも、国会の同意人事だから、国会にもあるのかしら。
それから、退任となる理由は?その説明責任は果たしてもらえるのかしら。

よくわからない制度だなって、思います。

NHKの経営委員には、もう1人、ふさわしくない方がいる、と、私は思っています。
あと、会長も。
前任の会長は、実力もあり、立派な方だったと思っています。実績も残されたと思います。なぜ、今の会長に変えなければならなかったのか、もっと、きちんと説明責任を果たしてもらいたいです。

今年の大河ドラマ、原作となる小説もない、書き下ろし脚本らしいですが、どのような過程で、決まったのか、それも、教えてもらいたいと思います。
そのときの政府におもねるような姿勢があるのだとすれば、おおいに問題だと思うのです。


毎日新聞から

NHK経営委員:百田氏が退任へ

 作家の百田尚樹氏(58)が、来月末の任期満了をもってNHKの経営委員(定数12)を退任することが30日、分かった。複数の関係者が明らかにした。政府は百田氏を含む4人の経営委員の人事案を来月上旬にも国会に提示、衆参両院で同意を得たい考えだ。

 百田氏は2013年11月、前任者の残り任期を引き継ぐ形で就任。この間、昨年2月には東京都知事選の街頭演説で、南京大虐殺はなかったとの持論を展開。応援している候補以外の候補について「人間のクズみたいなやつ」と発言したほか、同年9月には死去した社民党元党首の土井たか子元衆院議長について、短文投稿サイト・ツイッターで「売国奴」などと表現するなど問題発言を繰り返してきた。
 問題発言を受けて、経営委員会は「一定の節度を持った行動」を申し合わせた。百田氏をめぐっては市民団体のほか、与党内からも辞任を求める声が出ていた。関係者によると百田氏は、政府サイドから再任を求められたが、辞退したとされる。
 また百田氏は、昨年亡くなったタレント、やしきたかじんさんの闘病生活を描いた著書が事実に反するとして、やしきさんの長女から出版差し止めを求めて提訴されている。