畑村洋太郎先生の哲学というか、行動を伴った価値観に、いつも敬服しています。
畑村先生のような、社会の指導的立場にいる方が、きちんと、発言をしてくださることで、この社会はしっかりと維持されると思います。
民主主義とは言いますが、きちんと知らされていない国民大衆だけでは、そのとき、そのときの正しい判断を下すことができない、と心配しているからです。
したがって、そのような発言をしっかりと報道することも、マスコミ、ジャーナリストの責務だと思っています。

たしか、朝日新聞の誤報を証明するために、政府が公開に踏み切ったのではなかったかと思います。



読売新聞から

「吉田調書」公開は「愚か」…畑村氏が政府批判

 東京電力福島第一原子力発電所事故の解明にあたった政府の事故調査・検証委員会の畑村洋太郎・元委員長(東京大学名誉教授)は28日、内閣府原子力委員会の会合に出席し、吉田昌郎・同原発元所長(故人)の聴取記録「吉田調書」を政府が公開したことを「愚かだ」と批判した。

 政府事故調は、原則非公開を前提に関係者から事情を聞いた。吉田調書については、朝日新聞が内容を誤報。政府は吉田調書のほか、本人の同意が得られた調書の公開に踏み切った。
 吉田調書の内容のうち、事故の経過など事実関係については、政府事故調は報告書に盛り込む形で公表していた。調書そのものの公開では、事故当時の生々しいやり取りや、政治家らへの吉田元所長の不満が明らかになった。
 こうした経緯について畑村氏は、「委員長の方針として封印したのに、不思議なことが起きて公開された。考え方がとても愚か」と不快感を示した。
 会合は、事故後の原子力行政の見直しで業務を縮小した原子力委が、今後の方針について有識者から意見を聞くために開いた。