「歴史修正主義者」ではないのか、と、諸外国から懸念をもたれている首相ですから、何か言えば、必ず反発があると思います。
首相は、国際関係を変更していきたいと思っているのでしょうが、私たちの戦後70年の歩み、そして将来のことを考えるならば、戦後70年の節目の首相談話も、現政権や現首相の個人的な考えを述べる機会ではなく、あのつらい戦争の反省と、戦後の日本と世界の歩みについて、今までの姿勢と変わるものではない、と、しっかりと述べるべきだと思います。

それが、わが国の「国益」にもかなうものだと、私は信じています。


読売新聞から

首相談話「今までの言葉使うと細々した議論に」

 安倍首相は25日のNHKの番組で、今年発表する戦後70年の首相談話について、歴代政権の談話を全体として引き継ぐ考えを示す一方、「今まで重ねてきた文言を使うかどうかではなく、安倍政権としてどう考えているかという観点から出したい」と述べた。

 過去の植民地支配や侵略に対する「痛切な反省」や「心からのおわび」を表明した、戦後50年の「村山談話」の表現をそのまま用いるのではなく、新しい表現を検討する考えを示したものとみられる。戦後60年の「小泉談話」では、村山談話の「痛切な反省」などの表現を踏襲した。
 安倍首相は「今までのスタイルを下敷きにすると、『今まで使った言葉を使わなかった』『新しい言葉が入った』など細々した議論になる」とも指摘した。