2%のインフレ目標を掲げ、戦力の逐次投入はせずに、異次元の金融緩和を行なう、と、宣言した黒田総裁。
昨日、物価上昇率の見通しを1%に下げる、と、発表していました。

おかしいではないですか。

日本国民の財産を奪い、それを、世界の資産家たちに、市場を通じて分け与えて、結局、目標を達することはできない、ということでは。

黒田総裁は、その職を辞するべき、と、思います。

外部から、辞職させたりする権限を行使しにくい、独立した組織の長であり、そして、絶大なる権限を国民や社会から依託されている、という特別な職にある方は、その責任を全うできなかった場合には、自ら職を辞するのが筋と思います。

「サムライ」ということです。