最近のNHKのニュースなどの報道番組をみていて、不安を感じます。広告代理店の影があからさまに見えて。
(あからさまなら、影とは言わないぞ、というツッコミはご勘弁を。笑)

その設備や人材育成にかかる費用を、すべて広告でまかなってきた民放の報道姿勢が偏っているのは、百歩ゆずるとしましょう。(でも、企業が多大なコストをかけてテレビコマーシャルをする理由が、純粋に商品宣伝目的だけならいいのですが、それ以外の目的があるとすれば、怖いものだと思っています。)

テレビという機械を購入した国民みなさんからの受信料で維持されてきた、「みなさまの」放送局ですよ。
困ったなあ。