アメリカや世界を相手に激しい戦争をして、たくさんの方の命や財産をなくすことになった、あの戦争ですが、開戦時は、多くの国民の支持を得ていた、ということ、他国に大変な被害を与えた日本という国の現代の国民としても、忘れてはいけないと思っています。
敗戦後、連合国は、開戦時の大臣などを逮捕し「A級戦犯」として、国際裁判にかけて、多くの方が有罪となり死刑になりました。指導的立場にいた、ということでは、一般の国民よりもずっと責任が重かったし、国の統治制度としても、一人一人の国民が関与できる範囲はそれほど大きくなかったのは間違いないとは思いますが、戦犯に問われた一人一人の価値観や経歴を見て行くと、「実は平和主義者だった」「親米協調派だった」という方もいたりします。

先日、新聞を読んでいましたら、「戦争中は、新聞記者は自由に書けなかったと、よく言われるが、実は、いつの時代でも、新聞記者が自由に書ける時代はなかった」と、ありました。なるほど。

おそらく、世論の流れに棹をさすようなことはできなかったのだろうと思います。「KY」というやつと同じでしょうか。あの大戦争を経験して、私たちの国は、大きく反省し、再出発をしたわけですが、国民の本質的なところはあまり変わってないのではないかと考えています。
「反省が足りない」というのとはちょっと違うような気がします。

この国民が戦争を好意的に迎え入れたことの原因には、やはり、「教育」があったことは間違いありませんし、そして、当時は主に新聞だったろうと思いますが、マスコミの力がありました。もちろん、勇ましい戦争の記事を書くと部数が伸びた、ということがあったのだろうとも思いますから、ここにも、国民の支持があったのは間違いありません。
それは、そのかわいそうな国民たちに、「真実を知らせていなかった」のだ、ということかもしれませんが、主語をマスコミや統治者側にしているこのポイントは、非常に重要な点を曖昧にしてしまうかもしれません。
「真実」とは何か、ということであり、「真実」を知らされることをその国民自身が望んでいたか、求めていたか、ということです。

翻って、現代の我々には「真実」は伝えられているだろうか、我々はそれをきちんと求めているだろうか、ということはどうでしょうか。歴史を学ぶことの目的の1つに、現代の我々の行き方、将来の進む方向の指針を学ぶ、ということがあると思っています。
「いつの時代も自由に書けない」ということ、今の日本社会にあてはめるとどういうことになるのでしょうか。
マスコミやジャーナリストたちに、国民に「真実」を知らせることを、求め続けなければなりません。

この国が、世界が、よりよいものにしていくために。