knode2毎日、各省の事務次官人事が発表されていますが、本日、厚生労働省の事務次官に、村木厚子氏が起用される見通し、とのニュースが流れていました。
びっくりしましたが、これは、よい人事だと直感しました。

もちろん、村木氏の行政手腕を評価してのことです。
また、女性が社会の枢要な地位につく、というのもよいことだと考えてのことです。

いろいろな思いがあると思いますが、ぜひ、その手腕を発揮してもらえたら、と、思います。
がんばってください。応援しています。


朝日新聞から

厚労次官に村木厚子氏起用 郵便不正事件で無罪

 安倍内閣は、厚生労働省の金子順一事務次官(59)が退任し、後任に村木厚子社会・援護局長(57)を起用する人事を固めた。月内にも正式に発表する見通し。村木氏は刑事事件で起訴された後に無罪を勝ち取ったことで知られる。復職後、事務方のトップに就くことになる。

 同省で女性の事務次官起用は旧労働省時代の松原亘子氏以来、16年ぶり。女性を積極的に登用する姿勢をアピールするねらいもあるとみられる。
 村木氏は金子氏と同じく旧労働省の出身。旧厚生省との統合で厚労省が2001年に発足して以来、旧労働省出身者が2代続けて次官に就くのは初めて。
 村木氏は雇用均等・児童家庭局長だった2009年に、大阪地検が捜査した郵便不正事件で逮捕されたが、翌年に裁判で無罪が確定。復職し、昨年9月からは社会・援護局長を務め、生活保護や障害者福祉などを担当している。