knode2稲作が認められた水田。米からの放射性物質の量は基準値以内が確認されていたので、安心して農業を行っていた地域。
しかし、翌年には、突然、稲穂の一部から強い放射性物質がみつかり、明らかに飛散して付着したとしか考えられないことから、その原因とともに問題となっていたのですが、その原因について、やっと、公表されたようです。

まさか、滋賀県知事選挙が終わるタイミングを待っていたのではないでしょうね。

この国の統治機構が、国民の一人一人の暮らしに向き合って、その責務を果たすようになるよう、私たちはしっかりと監視していかねばなりません。
そのためには、国民にしっかりと知らせる必要があります。マスコミの方々、ジャーナリストの方々、どうぞ、よろしくお願い致します。


朝日新聞から


がれき撤去で20キロ飛散の恐れ、説明せず 国や東電

 福島第一原発事故から2年以上たった昨年8月のがれき撤去作業で、住民が暮らす、20キロ以上離れた地域まで放射性物質が飛散した可能性を知りながら、国や東京電力は公表してこなかった。今後も新たに飛散する恐れがあるのに、東電は詳細な作業日程の公開など十分な対策をとらないまま作業を進める構えだ。

がれき撤去で飛散、コメ汚染 福島第一の20キロ先水田
 福島県南相馬市で昨秋に収穫されたコメから基準超のセシウムが検出されたことを受け、農林水産省は今年2月、地元の農業関係者の会合で「現時点で原因は不明」と説明していた。3月に東電に対してがれき撤去で飛散した可能性を指摘し、防止策を要請した後も地元には説明していない。
 農水省穀物課は当初からがれき撤去で飛散した可能性があるとみて、1月に原子力規制庁に相談。3月に気象庁気象研究所に問い合わせ、「20キロ程度は飛散し得る」と回答を得ていた。がれき撤去による飛散の可能性を地元に説明していない理由について、同省の担当者は「原因がはっきりした後で説明するつもりだった」と取材に語った。