最高裁が、自らを「憲法の番人」としての役割を自覚していることに安堵しています。
でも、最高裁の出番が多過ぎるようにも感じます。
もっと、私たちの社会は知恵があると信じています。


読売新聞から

ヘイトスピーチ、賠償確定…在特会の上告棄却

 朝鮮学校周辺で街頭宣伝を行い、民族差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)を繰り返したとして、学校を運営する京都朝鮮学園(京都市)が「在日特権を許さない市民の会(在特会)」とメンバーら8人に計3000万円の損害賠償などを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は9日付の決定で、同会側の上告を棄却した。

 街宣活動を違法な人種差別と認定し、同会などに計約1200万円の賠償と街頭宣伝の禁止を命じた1、2審判決が確定した。
 学校側代理人によると、ヘイトスピーチの違法性を認定した司法判断が最高裁で確定したのは初めて。
 1審・京都地裁と2審・大阪高裁の判決によると、在特会メンバーらは2009年12月~10年3月の計3回、京都市南区の京都朝鮮第一初級学校(当時)周辺で、「朝鮮人を日本からたたき出せ」「ここは北朝鮮のスパイ養成機関」などと拡声機で連呼し、動画をインターネットで公開した。
 1、2審判決は、この街宣について「在日朝鮮人に対する差別意識を世間に訴える意図があった」と指摘し、同学園の業務を妨害して名誉を傷つけたと認定。ネット公開によって被害の拡散、再生産の恐れを生じさせたとも言及した。
 在特会側は「学校側が近くの公園を校庭として不法占拠していることを非難した。公益目的であり、違法性はない」などと主張していた。訴訟で被告になった8人のうち4人は威力業務妨害罪などで有罪判決が確定している。