在日韓国・朝鮮人を対象にしたヘイトスピーチ、大阪市の橋下市長が明確に批判したそうです。
国の政治家たちの、やや引き気味の批判姿勢とは、一線を画する明確さに、喝采をおぼえます。

この国が、すべての人々が互いに尊重され、その幸せを追求できる、そんな美しい国であるよう、希望しています。


朝日新聞から

橋下市長がヘイトスピーチ批判「ひきょうで格好悪い」

 大阪市の橋下徹市長は25日の記者会見で、在日韓国・朝鮮人を対象にしたヘイトスピーチ(憎悪表現)について「特別永住者制度がおかしいと言うなら日本政府に言うべきだ。公権力を持たない人たちを攻撃するのは、ひきょうで格好悪い」と批判した。橋下氏は10月中にも在日特権を許さない市民の会(在特会)と面談する。その際に、こうした意見を伝える考えだ。

 一方、在日韓国・朝鮮人が多く住む大阪市生野区のNPO法人「多民族共生人権教育センター」のメンバーらは同日、市にヘイトスピーチを規制する条例の制定を求める署名活動を始めると表明した。橋下氏は会見で「条例で規制すべきだという意見もその通り。案があればどんどん出してもらいたい」と語った。