公正な民主主義国家では、健全なマスコミ、ジャーナリズムが、不可欠の存在です。
なぜなら、主権者たる国民が、正しい判断を行なうために、きちんと知らされていることが必要ですし、また、主権者の国民の権利を妨害する巨大権力としての統治機構を監視し、国民に知らせる必要があるからです。

つまり、マスコミの社会的使命は、統治機構に対する権力監視と、主権者たる国民にきちんと知らせること、につきると思います。

もし、統治機構の意向に沿うように、政府と一緒になって、他のマスコミを攻撃するような報道機関があるとすれば、それはマスコミとしての使命を見失っていると思います。マスコミの自殺行為です。

国の統治機構は、絶大なる権力を有しています。
したがって、マスコミが、その権力の行使を助ける必要はない、と、私は思っています。

健全なマスコミ、ジャーナリズムが、この国でも機能していくことを期待しています。
そのためには、国民の支持がなければなりません。