島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

応援している野田聖子議員が、明確に打ち出したようです。 いろいろ大変と思います。すでに前哨戦は始まっていますが、かなりキツいですね。今後、さらに、激しい闘いになるでしょう。 政権を持っている側は、様々な戦術を駆使してくるでしょう。「血を見る」闘いになるかも…
>>続きを読む

憲法に定められている「シビリアンコントロール」の危機が訪れていると思います。 しかも、政権が自ら引き寄せた危機。 あ、政府は危機とは思っていないのか。 怖いな。 自衛隊と言う実力組織は、その膨張欲を持っていることは当然です。 それをどのように抑制するのか、と
>>続きを読む

いつから、私たちの社会は、こんなに「非寛容」になったのでしょうか。 匿名で守られ、無責任な発言ができるネット社会の到来によるものでしょうか。 「正義」の名の下に行なわれる「私刑」、本当に残念に思いますし、恐怖すら憶えます。 なにが「正義」なのか、一方的に、
>>続きを読む

そもそも、文民とは何、という問題がありますが、それは、ここでは横においておきます。 文民統制の仕組みが、防衛省の内部では、実質、防衛大臣だけになる、ということになっても、その防衛大臣、そして、総理大臣が文民とされていることから、シビリアンコントロールは有
>>続きを読む

辻元清美衆議院議員がよく使うように思いますが、「この道しかない」という安倍内閣の政策は、やはり、「いつか来た道」なのか、と、不安に思います。 私は、防衛庁を防衛省に昇格させたことも問題であった、今からでもよいから、元に戻せないかな、と、思っています。 「
>>続きを読む

わが国の刑事裁判は、有罪判決の率が90%を超えるのだそうです。 そんな状況の中で、無罪判決のニュースは、珍しいことになります。 この裁判の経過は、重大な関心をもって注目していました。 無罪判決をくだした裁判官の勇気に敬意を表します。 また、無理筋なのに、起訴に
>>続きを読む

容疑者やその家族などの関係者に、社会的制裁を加えるためではありません。 そもそも、「疑わしきは罰せず」の刑事司法の原則があり、裁判で罪や罰が確定するまで、無罪の可能性すらあるわけで、制裁を加えてはならないのです。 無罪の場合、取り返しのつかない問題になる可
>>続きを読む

報道機関のリーダーが、優秀な実力者であると、誰が一番困るのか、ということを考えれば、NHKの会長に籾井氏が選ばれている現状、腑に落ちる気がします。 NHKが、法律に基づく強制性をもって、その受信料を聴取するようなことになったら、もう、「皆様のNHK」ではなくなって
>>続きを読む

オバマ大統領、イスラエルのネタニヤフ首相と対決していますが、2年後の大統領選挙を見据えて、3選はないアメリカ大統領の任期の残り、独自性を示していると思っています。 キューバとの歴史的和解 イランとは対決ではなく交渉 「イスラム国」との対決に地上部隊を派遣しな
>>続きを読む

民主主義を歪めるものとして、政治献金のしくみは改善が必要と思います。 たぶん、罰則を強化することよりも、透明性を高めるほうがよい、と、私は思っています。 この国には、私たちが選出した政治家たちを訴追する法律が十分にありすぎます。これ以上、政治家の活動を制限
>>続きを読む

今年は、4年に一度の医学会総会が開かれる年です。 今年は、京都で開催される予定で、私も出席するつもりです。 医学会総会とは、まったく別に、独立した企画展がある、と、報道されていました。 ぜひ、訪れてみたいと思います。 毎日新聞から 戦中の「医学犯罪」:731部
>>続きを読む

真の民主主義に必要なのは、国民の「言論の自由」であって、首相の「言論の自由」は不可欠なものではありません。 首相が、テレビ局に注文をつけることを批判されて「言論の自由」と堂々と述べるような方が首相であることに恐怖を感じます。 首相に「言論の不自由」があっ
>>続きを読む

CNNのニュースサイトも、先日の皇太子さまの、誕生日における発言を報道していました。 先日、英国のガーディアン誌が報道していましたが、CNNはアメリカ合衆国の報道機関なので (当サイトの記事) ガーディアン紙 日本の皇太子の発言を、警鐘をならしたと紹介 http://p
>>続きを読む

「政治とカネ」の問題は出ていませんが、中谷防衛大臣も、その強大な権限を掌握し責任を負う大臣の地位に見合う人材かどうか、不適任の可能性がある、と、感じています。 文官統制を排するのであれば、防衛大臣の選出には、さらに慎重な配慮が必要になる、と、思います。 自
>>続きを読む

「国民の幸福追求のため」「国民の生活を維持するため」と、その理由が説明されている、集団的防衛権や自衛隊の海外派兵拡大の話。 確かに、最初に、出兵する理由は、「国民の幸福な生活が損なわれる危険を除去するため」でしょう。 しかし、それを端緒にして、その後に起き
>>続きを読む

この国は、もともと「警察国家」になりやすい体質を持っていると思っています。 私は、警察権力の過度な介入は、市民生活をおびやかし、萎縮させ、私たちが本来もっている伸びやかな生き方を阻害するものだと思っています。 大変、気の毒な少年犯罪が起きたこと、私も、毎日
>>続きを読む

読売新聞が、興味深い記事を掲載していました。 私は、今回、農林水産大臣に再登板した林 芳正氏は、自民党の政調会長に適任ではないか、と、思っていました。今の政調会長より、ずっと、政策に精通し、また、価値観もしっかりされていると思うのです。 政策通で能力の高い
>>続きを読む

民主主義の大原則は、1人1票。 庶民も、大企業の社長も政治家も、個人としては1票ずつ。 企業からの献金、あるいは、政治家サイドからの企業への要求もあるのかと思いますが、国民の暮らしを支える政治が行われるためにならない、リスクがあります。 選挙で選ばれた政治家が
>>続きを読む

日本の刑事裁判は、有罪率が諸外国と比較して異様に高いことが指摘されています。 硬直的な検察庁の対応(非常に官僚的) 裁判官が検察官から独立していない(裁判官の人事や統制にも問題がある) ということが問題と私は思っています。 すでに、日本の国民の多くが、いろ
>>続きを読む

安倍内閣の閣僚に、どんどん政治資金や関係団体との問題が出てきていますが、それをもって、安倍内閣が退陣すべき、というのは、実は違うと思います。 安倍内閣が危険なのは、その歴史認識や統治機構のあり方についての認識だと思うからです。 もちろん、「カネ」は奇麗でな
>>続きを読む

沖縄県も、今年は、あの悲惨な戦争から70年の節目となるのですね。日本軍の組織的な抵抗が終了した6月23日が慰霊の日なのです。 そのとき述べる平和宣言の内容について、県議会で「辺野古の新基地検察反対」を盛り込むのか、という質問に対して、「その方向で検討している」
>>続きを読む

日本の政治に、民主主義の機能が見えにくいのは、私たち国民に責任がある、と、思っています。 付和雷同しやすいというか、雰囲気に流されやすく、自らきちんと判断して行動することを避け、判断や行動の基準を他人に委ねるところが強い。 民主主義に必須な、健全なジャーナ
>>続きを読む

歴史に学べばなりません。 たぶん、成功した歴史よりも、失敗した歴史、のほうが、学ぶべきことが多いのではないか、と思います。 国際政治では、主張すべきことは主張しておかねばならない、ということはわかります。 また、今回の安全保障理事会での討論会は、互いの立ち
>>続きを読む

連日、南京攻略の際の「虐殺」はなかった、と特集記事をしている産經新聞ですが、河野洋平氏が名古屋で行なった講演の内容を詳しく報道しています。 そして、この講演の内容は、アメリカのニューヨークタイムス紙も報道しているようです。 河野氏がおっしゃるように、自由民
>>続きを読む

安倍首相の「under control」発言の是非を問うつもりはありませんが、オリンピック招致のために必要な「方便」だったのだと、私は自分を納得させています。 もっと、本質的なことは、この福島第一原発の事故処理を、このプラントを建設し、運用していた当事者に、そのまま任
>>続きを読む

こういうのが「正しい」ジャーナリズムなのだろうと思います。 たぶん、象徴天皇制のもとで、政治的に利用することは控えなければならない、ということから、皇族の発言について、特に、政治的な発言について、日本のマスコミは論評をさける流れがあります。 英国の新聞、th
>>続きを読む

昨日、クリント・イーストウッドが監督した「アメリカン・スナイパー」を観てきました。 レイトショーでしたが、たくさんの人が観にきていました。封切りすぐですから、当然でもありますが、この映画の前評判も高かったこともあると思います。 アメリカでも、たくさんの観
>>続きを読む

先日の、衆議院予算委員会での、安倍首相のヤジをみても、首相の「器」にない、ことがわかります。 そもそも、自由民主党の総裁にもふさわしくない、と、私は思います。 いわゆる、「親の七光り」、なのかもしれませんが、自由民主党内の政治プロセスが劣化している、と、思
>>続きを読む

ロシアのプーチン大統領が、かつてのロシア皇帝のようにふるまうことができるのは、結局、その国民の支持があるからであり、そういう意味では、民主主義という仕組みは困った方向にも動きやすい、ということにもなります。 ナチスの台頭、ヒトラーの全権掌握も、一応、民主
>>続きを読む