島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

公明党が、国土交通大臣の椅子を継続して求めているそうです。 太田大臣から、石井政調会長へ交代させて欲しいと要請した、と、NHKが報じていました。 たしか、太田大臣は、まだまだ、やり残した仕事があるので、継続したい、ようなことをおっしゃっておられたように記憶し…
>>続きを読む

陸上自衛隊の車両は、もともと、目立たない塗装、が行われており、そのような特殊な車両を、一般の道路で使用するためには、このような、悲惨な交通事故を防ぐための特別慎重な努力が自衛隊側にある、と、思います。 また、構造上も、その素材も、一般の車両とは根本的に異な
>>続きを読む

ずっと、気がかりだった、奥西勝死刑囚が、昨日、八王子の医療刑務所でお亡くなりになったそうです。 長い長い、報いられることのない、裁判闘争にあけくれた、奥西勝さんの人生が、これでやっと楽になった、とも思えますが、冤罪を晴らしたい、という、本人の強い信念を考
>>続きを読む

昨晩、「図書館戦争」という映画がテレビで放映されていました。それを、いろんな思いを持ちながら視聴していました。 図書館という社会機能は、とても大切なもので、この本質的な重要性は、いささかも変わらなものであり、ましてや、経済的な理由で図書館が変わる、というこ
>>続きを読む

戦争は戦争、武器は武器であって、よい戦争とか、限定的な武器、というような表現は、その本質を見誤り、誤解を招くものだと思っています。 百歩ゆずって、これが仮に「よい戦争」だとしても、病院への空爆はあってはならず、戦争犯罪であることは明白だと思います。そこに
>>続きを読む

同様の構図は、「原爆投下」に関する日米の間でもあります。 立場は逆になりますが。 中国がやろうとしていることを、日本が止めることはできない、と、私は思いますが、これも、日中両政府との間で十分なコミュニケーションがとれていない状況が背景にあることは間違いあり
>>続きを読む

この状況を受けて、安倍首相が記者会見などで、 「ISとのテロとの戦いに、アメリカやEU諸国と一緒に先頭にたっていきたい」 と、強く、高らかに宣言すれば、私たちの国は、社会は、「戦争状態」に入っていきます。 世界中に日本人がいますから、その危険度、大変なものと思
>>続きを読む

マスコミ、ジャーナリズムは、国民の支持がないと、しっかりとした力を発揮できません。 国民が正しく判断できるよう、しっかりとした報道をお願いしたいと願っています。 こんなことで負けてはいけませんが、しかし、いつから、自民党は、このような政党に落ち込んでしまっ
>>続きを読む

私たちは、もっと、しっかりとした目で、私たちの代表である国会議員を選出しないといけない、と、思います。 歴史を直視しないものは、未来を危うくする、と、信じています。 そのような方を国会議員として選び続けていることに、私たちは反省しなければなりません。 この
>>続きを読む

イスラエルと中東諸国との関係改善をめざさないと、世界の平和も実現できないと思いますが、それは、可能でしょうか。 イランは、イスラム教の国ではありますが、いわゆるアラブ民族ではありません。 その点では、エジプトやイラクなどとは一線を画するものがあります。 イ
>>続きを読む

安倍首相は、経済政策を最優先に取り組むことにするそうです。 「1億総活躍社会」を目標に、 GDP600兆円 希望出生率1.8 介護離職ゼロ という3つの数字目標を表明しました。 どうも、「大きな政府」の維持をめざしている、と思われてなりません。 もともと、超高齢化社
>>続きを読む

もちろん、現政権が姫路市に指示していたわけではなく、姫路市単独の判断で行われたことと思います。 でも、政権などの統治機構におもねるような判断をする傾向が広がっていることに、私は危機感を感じます。 「王様は裸だ」 と、しっかりと発言できる権利は守られていかね
>>続きを読む

防衛省の文官支配が排除されたそうです。 日本の政治行政の機構において、実力組織としての自衛隊の発言権、存在感が高まることを、私は不安に思っています。 NHKのニュースサイトから “制服組と背広組”法律上対等の立場に 防衛省では、1日から、いわゆる制服組の自衛
>>続きを読む

安倍首相は、訪問先のジャマイカで記者団に対して、自民党の役員人事では、5人を留任させると述べたそうです。 つまり、稲田政調会長は、入閣させず、党務に専念させるということが明確になった、ということになります。 NHKのニュースサイトから 首相 自民5役の続投を表
>>続きを読む

世界の難題の解決に、積極的に取り組む姿勢がない、と、受け取られると、日本を国連の安全保障理事会の常任理事国になることを推す声がなくなります。 今、国連の事務総長は、潘基文氏で、韓国出身です。今、次の事務総長を決めるプロセスが進んでいますが。 そして、常任理
>>続きを読む

昨年の夏の中東歴訪のおり、ヨルダンで、安倍首相が発したメッセージ、 「ISILとの闘いにおいて最前線に立ち続けているヨルダンの取組に敬意を表する」 が、日本人を拉致していたISILを刺激した、挑発した、と、言われていますが、今回、安倍首相は、ニューヨークでヨルダン
>>続きを読む

誰かが言い出さなければならない、と思っていました。 「王様は裸」と。 小林喜光氏は、三菱ケミカル、三菱化学の経済人です。 勇気に敬意を表します。 それから、安倍首相が掲げた「新3本の矢」は、具体的な方策を示していないので、今のところ、目標にすぎない、と思い
>>続きを読む

中国政府には、日本国籍の男性2名を早く釈放することを求めなければなりません。 全く不当逮捕、として。 それとともに、私たちは主権者として、私たちの政府に、経緯をしっかりと説明してもらう必要があります。 それとも、国家機密、ですか。 安保法案が成立し、国会が閉
>>続きを読む

日本が、過去に、韓国に対して、大変なことをした、ということは、これは、隠しようのない歴史的事実である、と思っています。 当時の大日本帝国による朝鮮半島支配は、国そのものをなくし、苗字を日本風に変えさせて、民族そのものを消し去ろうとさえしたのではないか、とさ
>>続きを読む

「意見聴取」と「聴聞」の法的位置付け、行政法上での意味合い、についての知識がないので、判断できないのですが、とりあえず、沖縄県は、国が求めていた「聴聞」を10月7日に沖縄県庁で行う、と、発表したようです。 来週にも予定されているという、内閣改造では、菅官房長
>>続きを読む

共産党が、どんな選挙でも(失礼)、ほぼ必ず候補者を立ててきたことについては、敬意を持っていますが、地方の選挙でよくみられる、自民党系保守候補と共産党候補との一騎打ち、という選挙が、民主主義でカモフラージュしている擬似選挙のような形になっていて、結果として
>>続きを読む

まさか、悪いことをしたから、証拠隠滅を図っている、ということではないだろうとは思いたいですが、やはり、後ろめたい気持ちから、のちに責任を問われることを嫌い、正式に、公文書としての記録、保存をしていないのでしょう。 しかし、なんという怠慢、無責任なことだろ
>>続きを読む

所属する国会議員が20名、というのは、大変、意味のある数字だと思います。 ポスト安倍をめざした動きが活発になってきたと思います。 自民党総裁は連続2期まで、との規定があるため、だそうです。 石破氏のほか、岸田氏、稲田氏、そして、野田氏が、後継をめざしている、
>>続きを読む

民主党の次期大統領候補をねらっている、ヒラリー・クリントン氏、ツイッターで習主席を批判したそうです。 政治的な意味がある行動なのか、それとも、バカッター、とも言われる、ツイッターでの不用意な発言だったのか、もう少し、経緯をみていきたいと思います。 朝日新
>>続きを読む

このようなニュースできちんと伝えられなくて、気になるのは、今の小学校の敷地が、どのようになるのか、ということです。 小学校の敷地に、超高層ビルが建つ、とは書かれていませんが、記事を慎重に読めば、おそらく、場所は移転するように思います。 このような「特別な」
>>続きを読む

私は、もともと、オリンピックやサッカーW杯などで見られるような、スポーツの世界の過度な商業化には反対の立場です。 もともと、用品のメーカーの関与が大きかった、ゴルフやスキーでは以前から、そのような空気がありますし、日本人の国民的スポーツであり続けた野球も早
>>続きを読む

オーストラリアは総理大臣が交代し、カナダは総選挙が近づいていて、しかも、今の与党が苦戦している、とのことですし、ニュージーランドの与党からは、TPPの早期合意は困難との見通しが出ています。今のニュージーランドの与党は、国旗から伝統のユニオンジャックを外そうと
>>続きを読む

政府の事故調査・検証委員会の内容をNHKが報道していました。 国民の負託、信頼を裏切るような、あの未曾有な惨事がなぜ起きたのか、事前に防ぐことができなかったのか、ということについて、国や東京電力はきちんと答える必要があります。 それを踏まえてから、再稼働、と
>>続きを読む

この考え方は、中国の「中華思想」に根ざしたものと思いますが、その考え方を歪めて適応すると、排他的な独りよがりの考え方につながっていきます。 日本国内では、中国脅威論をふりかざして、国内の政治体制を変更しようとする勢力がありますが、あの国には大変な弱点があ
>>続きを読む