島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

シビリアンコントロールの危機だと思います。 そして、自衛隊が、アメリカ軍と一体化している事実が明らかになった、と、思います。 というか、下請け? 飛行中の米軍爆撃機を、北朝鮮が迎撃した場合に、防護任務についている航空自衛隊の戦闘機が応戦することになります。…
>>続きを読む

中国の国家体制には、大きな矛盾、決定的な誤り、が存在すると思っています。 共産党が国家を指導しているのに、株式市場がある経済体制とは この一点でも、この国に根本的な矛盾があることはまちがいありません。 しかし、このことは、アフリカ諸国などの発展途上国の権
>>続きを読む

いろいろな見方ができる選挙結果だったと思いますが、62歳の現職に対して、元衆院議員の新人が挑んだ激戦であったこと、と、投票率が低かったこと、も、考えておかねばなりません。 今日から、通常国会が開会します。 また、名護市長選挙も近づいてきました。 朝日新聞か
>>続きを読む

もちろん、拉致をし、未だに解決への努力を示さない北朝鮮が第一ということはまちがいないでしょう。 でも 拉致問題の解決を強く訴えて、社会の共感を自らの支持につなげ、政権を奪取した安倍首相に、家族会の怒りが向いている、と、私は感じています。 裏切られた、と感
>>続きを読む

立憲民主党の枝野氏、社会へのアピール、なかなか、戦略的に動いている、と、思います。 確かに、「憲法改正」という表現は、正しくない、と、思います。 朝日新聞から 立憲・枝野代表「憲法改正と言っちゃダメ。改悪だから」 枝野幸男・立憲民主党代表(発言録)  「
>>続きを読む

評論家の西部邁さんが、お亡くなりになったそうです。 私とは、価値観が違う部分が多い方ではありますが、アメリカの振る舞いを批判するなど、共感できる部分もあり、それを公言する、その勇気には尊敬しておりました。 親米保守とは違う、本当の保守の方と、記憶していま
>>続きを読む

安保法制への賛否というのは、日本を守るつもりがあるのか、という価値観ではなくて、アメリカとどうつきあうのか、ということではないか、と、私は思っています。 つまり、安保法制を大切に思う政治家というのは、アメリカやアメリカ軍との協同を最優先に考えているという
>>続きを読む

私たちは、数年後に、東京オリンピックを主催する立場にあります。 その開会式には、世界からたくさんの方々に出席をしていただきたい、と、思います。 もちろん、韓国の大統領も、中国の国家指導者も。 そして、そのときには、北朝鮮からも出席をいただけたら、と、思いま
>>続きを読む

希望の党との統一会派構想が頓挫したのち、民進党は、立憲民主党との統一会派結成への協議を行うことになりそうです。 「無所属の会」の岡田氏がキーになるように感じます。 日経新聞から 民進、立民と統一会派協議先行も 希望との断念受け  民進党は18日、党本部で執
>>続きを読む

日韓の外相合意というのは、当時のアメリカオバマ政権の強い後押しがあって実現したもので、日本も韓国もアメリカの顔を見ながら、交渉のテーブルにつき、アメリカが納得することを最大の目的として外相合意という結論にいたった、と、私はみています。 ということで、韓国
>>続きを読む

これは、立憲民主党への秋波でしょうか? しかし 有権者の政党支持率をあげるためのまやかし、方便として「原発ゼロ」をかかげているのであれば、許されることではありません。 また、憲法や安保法制などの問題から、目をそらすために「原発ゼロ」を言っているのであれば、
>>続きを読む

軍隊は、典型的な官僚機構でもあることを、主権者である私たちは忘れてはいけません。 官僚機構は、自らの組織や権限の拡大がその唯一の存在目的、なのです。 主権者の注意が行き渡らないと、すぐに、拡大、膨張が始まります。 官僚機構が解決すべき問題が大きくなってい
>>続きを読む

北朝鮮などの外国からの侵略に対して、日本を守るために、アメリカ軍が駐留していることになっていると思いますが、いま、沖縄に駐留している米軍の最高司令官は、沖縄や日本の人々に対して、高圧的で、威圧的な態度をとる、という印象を持っています。 今回のヘリ飛行が、
>>続きを読む

民進党の籍があるのに無所属、というのが、相変わらず、腑に落ちないのですが、希望の党との統一会派構想が頓挫したのも、岡田氏の作戦だったのでしょうか? 岡田氏が、民主党の代表として、安倍首相との党首討論もみましたが、あまり、策を弄するタイプの政治家ではない、
>>続きを読む

憲法を無視し、権力を都合のよいように運用する安倍政権。 許しがたい政権だと私は思っているのですが、それを容認しているのが、この国の主権者、なのか、と思うと、残念で仕方がありません。 国民がきちんと知らされていないから そして、権力側に都合のよい情報ばかり流
>>続きを読む

企業に、政府がお金を出す、ということに、もっと、慎重でなければならない、と、私は思います。 しかも、投資先は、日本国外。 さらに、それはジェネリック医薬品の製造。 安倍政権は、どんどん、「大きな政府」になっていきます。 財界の言われるがままに、お金をだす仕
>>続きを読む

まさか、米軍は、小学校が行った避難訓練に対抗している、のではありませんよね。 いずれにしても、この国では、日米地位協定によって、アメリカ軍の行動を日本政府が止めることはできないので、こんなことが起きる、と、私は思っています。 憤りしか、感じません。 NHK
>>続きを読む

NHKの記事の最後に、ちらっと書いてあるのですが、 立憲民主党の枝野代表は昨夜、記者団に対し、民進党の党籍を持つ衆議院議員らの会派「無所属の会」から統一会派の提案があれば、内容を見極めた上で検討する とのことです。 どうなるかしら。 希望の党との統一会派結成
>>続きを読む

民進党と希望の党の統一会派断念を横目に見ながら、立憲民主党の方では、参議院でも会派結成の届け出を行ったようです。 今後、通常国会での、各野党議員の活躍をしっかりとみておきたいと思いますが、それとともに、民進党に残る参議院議員たちの去就が気になります。
>>続きを読む

明らかに、行政が歪められた、と、思いますが、安倍首相の指示や了承があったのかどうかは、よくわかりませんけれど。 しかし、こんなことを許していると、私たち有権者、主権者としての責任が問われる、と、私は思います。 朝日新聞から 財務局、森友問題を審議会に報告
>>続きを読む

分党して、統一会派に入らない、保守系の議員たちは、日本維新の会との連携をはかるかもしれませんが、いずれにしても、前途は厳しい、と、思います。 保守系議員たちの政党は、結局、自民党の補完勢力となり、最終的には、自民党に飲み込まれていくことになる、と、予想し
>>続きを読む

「無所属の会」は、民進党に所属しながら、先日の衆院選挙に、希望の党の公認を得ず、無所属で立候補して当選した議員たち、で、希望の党から排除された、という感覚を持っている議員もいて、希望の党の議員たちとは、一緒にできない、ということかもしれません。 民進党の
>>続きを読む

やはり、安倍外交は、危なっかしい、と、おもいます。 アメリカの言いなり、というところにも、大きな疑念があります。 イージス・アショアですが、導入の最大の理由は、北朝鮮の危機であり、もし、今後、それがなくなるのであれば、導入の最大の理由がなくなりますから、こ
>>続きを読む

民進党の福田昭夫氏は、今は衆議院議員ですが、栃木県知事を一回勤めておられます。栃木2区選出当選5回、栃木2区では、自民党の西川公也氏と激しい選挙戦を繰り返しているという老練な政治家です。 前回の衆院選挙では、希望の党の推薦を受けず、無所属で立候補し、西川氏
>>続きを読む

もともと、バルカン諸国は「火薬庫」と呼ばれたこともあるように、歴史的にも微妙な問題がある地域です。セルビアという国は、ロシアとのつながりも深く、隣国との関係も微妙です。 そもそも、宗教も西側のEU諸国とは異なるのです。 セルビアを訪問している安倍首相は、セ
>>続きを読む

岸田氏が次の総理の座をめざすには、麻生派の支援はかかせません。 岸田氏の派閥は小さめ、だからです。 麻生派と岸田派は、源流は同じ、経済優先、軽武装の宏池会なので、支援をもらえる余地はある、と、思います。 立候補しそうな、石破氏は政策が異なるのですが、野田聖
>>続きを読む

やはり、前原氏の決断は大失敗だった、ということに決着しそうです。 希望の党が分党することには賛成です。 そうすれば、超保守系の議員たちがいなくなった希望の党となら、立憲民主党との統一会派も可能になるかもしれませんしね。 超保守系の議員たちが、維新と合流した
>>続きを読む

安倍首相は、核兵器を世界から完全に廃絶することはできない、と、思っているのか。 だとすれば、北朝鮮の核兵器を廃棄させたり、核兵器開発をやめさせることができるだろうか。 安倍首相は、本当に、世界が平和になることを望んでいるのか。 というか、世界平和が実現する
>>続きを読む

連合の政治との関わり方に問題がある、と、私は感じています。 経団連と連合は、互いに対立する立場にいなければなりません。 もし、首相が、経団連に3%の賃上げを要請するのであれば、連合は、さらに4%、5%の賃上げを要求しなければなりません。 連合が、首相に感謝して
>>続きを読む

リトアニアを訪問中の安倍首相は、故杉浦千畝氏の記念館を視察したそうです。 安倍首相は、厚顔無恥、ということになるのかもしれません。 「命のビザ」 杉浦氏は、ナチスドイツの迫害から逃れる多数のユダヤ人にビザを発行してその命を助けた、として、いま、その功績が
>>続きを読む