島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

南スーダンは、内戦状態に陥っている、と、感じます。 国民が気の毒です。 政府も統治能力を失っているのでしょうし、反政府軍を支援する外国勢力もあるんでしょう。 全ては、石油などの地下資源のため、かもしれません。資源がなにもなければ、他国が興味をもつことはない…
>>続きを読む

30時間審議すれば、十分に審議した、という基準は、どこから出てくるのでしょう。 安倍首相は、そもそも、国会を軽視し、野党をなめているので、こんなことがまかり通るのでしょう。 でも、最大の問題は、それを許容している国民にある、と、私は心配しています。 戦前の日
>>続きを読む

麻生氏、安倍首相に対して、じわじわと反旗を示しているように感じます。 ポスト安倍に向けた動きと思います。麻生氏自身が、次の首相を目指している、ということでもないのかもしれませんけれども。 教育行政、文部行政は、オリンピックの総元締めも安倍首相の先輩にあたる
>>続きを読む

議長が、野党の申し入れを受け入れるとは思えないのですが、手続き上のことと思います。 なんの手続きか、といえば、本会議を開催して、この法案の採決をすることを強行するならば、議長の不信任決議案の提出をするぞ、というための手続き。 NHKのニュースサイトから テロ
>>続きを読む

こういう問題が起きた時の対応、返答として、「調査中」というのは、やや弱いように思います。 もっと強く否定するのが通例ではないか、と、思うからです。 つまり、この文書は存在するのでしょう。 ということは、文書がなかった、と、報告内容は決まっており、それに合
>>続きを読む

文科省の官僚組織は、かなりガタガタになってしまった、と、思います。 立て直すには、半年以上かかるのではないか、と、思います。 読売新聞から 天下りあっせん問題で処分、山中伸一大使が辞職  政府は19日午前の閣議で、元文部科学次官の山中伸一・ブルガリア大使(6
>>続きを読む

小さな政党よりも、多数の国会議員を集めているのですが、その代表の座を降りることになるのだそうです。 派閥というのは、そのリーダーの所有物のようなところがありますから、特に、細野氏が会長をやめたら、その派閥の存在目的自体がなくなってしまう、という気がします
>>続きを読む

警察に、猛烈な捜査権限を与える法案ですが、成立してしまうのでしょうか。 それが、平和で安心な国になるとは到底思えないのですが。 NHKのニュースサイトから 「テロ等準備罪」新設法案 日弁連が反対集会 共謀罪の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案に反
>>続きを読む

財務省側の強弁も、完落ちのようです。 安倍首相にすり寄った官僚たちの栄達も、ここまで、ということになるのでしょうか。 キャリアを棒に振った高級官僚たちは気の毒にも思いますけれど、それだけのリスクをおって、全体への奉仕、という公務員としての責務を放棄した結
>>続きを読む

眞子さまの婚約のニュースで、もしメリットを得た政治家があるとすれば、それは、同時に報道された、加計学園の問題の扱いが小さくなった可能性のほうを考えるべき、と、思います。 伊吹氏が、 「眞子さまの政治利用は厳に慎むべき」 と、述べたのであれば、それは、このニ
>>続きを読む

官僚機構として考えるとわかりやすいと思います。 日本の地震学研究は、お金を出すところ、と、お金を使うところ、が、制度化されているようなところがあり、固定化されているので、簡単にやめることはできない、ということだと思います。 あの、東北の大震災を予知すること
>>続きを読む

トランプ大統領、自らの失政もあり、次第に追い込まれていると思います。 ビジネスでの交渉術には長けているようですが、政治的公正さや誠実さには欠けるものがあるのかな、と、感じています。 もちろん、ビジネスマンにも誠実さ、は、必要とは言われますが、政治家には、さ
>>続きを読む

BPOがどのような結論を出すのか、しっかりと経過をみておきたい、と、思います。 このようなテレビ番組を報道しても、沖縄の基地問題の解決からは遠ざかるばかり、さらに、複雑化するだけ、だと思います。 マスコミ、ジャーナリスズムとしての社会的使命に背を向け、責任を
>>続きを読む

トランプ大統領の公約である、錆び付いたラストベルトを輝かせることになるでしょうか。 トルコ製品の方が、日本製品より広く輸入されているようですが、ダンピング税は日本のほうがずっと高い、という結果になっています。 よくわかりませんけれども。 読売新聞から 日
>>続きを読む

そうではなく、安倍首相が、イエスマンしか寄せ付けない、ということかと思います。 リーダーの資質の問題、ということか。 首相の意を受けた内閣府や官邸スタッフが、他の省庁に号令をかけて、政策を歪める、ということが行われてきたのだろう、と、思われます。 そもそ
>>続きを読む

「共謀罪」の法案が衆院を通過するのは23日、という報道がされています。 これでは、参院での審議をする時間がとれない、と、思います。 森友学園のあと、加計学園の問題が広く報道されるようになり、安倍首相の国会答弁も荒れそうですが、国会会期の延長の話がでてきてい
>>続きを読む

安倍首相のお友達が、利益を得る構図がある、と、指摘されています。 森友学園、加計学園と問題がひろがってきていますが、そして次は、国際医療福祉大学では、と、指摘する声も。 安倍首相は、細田派出身ですが、もともと、文部科学省の教育行政と近い政治家たち、なので
>>続きを読む

北朝鮮には、圧力をかけ続けてきたにもかかわらず、今の状況になっていることを、日本政府はどのように感じている、のでしょう。 さらに、圧力、ですか。効果はあるのでしょうか。 1941年、日本が、諸外国から経済制裁を受け「ABCD包囲陣」と呼んで、結局、状況を打開する
>>続きを読む

「廃棄した」と、国会で説明していますが、きっと、役所のどこかに保管されているはずです。 役人は、そう簡単には廃棄しません。手続き上、そうしているだけ、と想像しています。 血液製剤のHIV混入に関する書類のように、きっと。 告発したのは、弁護士からなる市民グル
>>続きを読む

東芝本体の立て直しのために、グループの稼ぎ頭を手放す、という話が、まったく理解できないので、半導体事業の売却がうまくいかないことに安堵しています。 おそらく、東芝が、アメリカの原子力事業のために、銀行から多額の借り入れをしていて、その返済を迫られているた
>>続きを読む

自民党の二階氏の動きがあり、政府部内でAIIBへの参加が検討されてきている、と感じます。 ということは、安倍首相、追い込まれているように感じます。 政権末期には、求心力の低下を感じるあまり、それまでの価値観や政治信条を歪めて、政治的利益を得るために、政治的な
>>続きを読む

アメリカ空母の動きについての情報を知っておく必要がある状況なんて、困ったことだと思います。 たぶん、カールビンソンと交代するのだろう、と、思いますけれど。 アメリカ軍は、本気で北朝鮮とやるつもりはない、と、思われますが、トランプ政権はどう考えているでしょ
>>続きを読む

がんばれ、蓮舫民進党、と、言いたいところなのですが、参議院議員である蓮舫氏を党の代表に選んだ、岡田氏の対応には、やはり疑問を感じざるを得ません。 蓮舫氏を衆院議員にしてから、または、民進党の衆院議員にも、総理大臣を担当できるような人材はあるので、そちらに
>>続きを読む

自民党内で、目に見える形での「良心」と感じます。河野太郎氏と船田元氏ですかね。 河野太郎氏、がんばっておられるとは思いますが、結局、どの文書が「重要」と、誰が判断するのか、その責任を誰が負うのか、という問題だと思いますけれど。 河北新報から 自民、重要文
>>続きを読む

もう、上場廃止の基準を満たしている、と、思われます。 早く、楽にしてあげたい、とさえ、私は感じます。会社は、実質、分解されていますし。 実は、東芝問題は、政治問題である、と、思います。 NHKのニュースサイトから 東芝 決算発表を延期へ 9500億円の最終赤字見
>>続きを読む

韓国の大統領選挙が終わり、立派な人格と政治信条を持った政治家が新しい大統領に選ばれた、と、思っています。 「韓国のオバマ大統領」と、感じています。 もちろん、今後の政治をみながら、その判断が正しいかどうか、と、思いますけれど。 選挙戦を通じて、私たち日本人
>>続きを読む

ここ数年の美濃加茂市の政治や行政が混乱したことの責任を、検察官はきちんととったのでしょうか。 政治家の犯罪を立件することは、大切な検察官の責務だと私は思います。 政治家の犯罪のように、その捜査の過程で、いろいろ妨害があって、立件しにくい案件をきちんと捜査
>>続きを読む

民進党の野田幹事長の存在感が増している、と、感じています。 政治家は、優先順位の決定のため、妥協や調整が仕事だとも言えるのですが、そこに、ゆるぎない信念や価値観、政治信条がないと、信用されません。 安倍首相は、そこがしっかりしていない、と、思います。 河
>>続きを読む

政権運営につまづきがあるのでしょうか。 拙速な改憲促進の提案、その背景になにがあるのか。 そもそも、自民党が出している憲法草案にも、憲法9条の加憲の内容はありません。つまり、安倍首相の提案は、党内の論議を丁寧に行ったものではない、ということになります。 安
>>続きを読む