島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

日本で最初の女性総理大臣、という可能性もありますが。 衆院議員にならなければ、総理大臣にはなれません。 本当に、衆院選に出ないのかしら。 読売新聞から 小池氏、出馬否定…民進と「合流との考えない」  希望の党の代表を務める東京都の小池百合子知事は28日、都…
>>続きを読む

民進党の衆院議員や立候補予定者が、民進党の公認や推薦ではなく、希望の党の推薦を得て立候補する、という話、小沢氏や連合の神津会長が背後にいる、と、思いますが、いろいろ、形は見えてきました。 民進党の前原氏自身は、無所属で、今度の衆院選挙に出る、そうです。
>>続きを読む

ナショナリズムのぶつかり合いは、結果として、双方に利益をもたらすことはなく、逆に、不幸な結果になります。 ナショナリズムにポピュリズム、双方の国民に、ルサンチマンが根底にあるのかなあ、と、心配になります。 知恵で解決していかねばなりません。 東京新聞から
>>続きを読む

自民党は、東京10区に、鈴木隼人氏を擁立することを決めたそうです。 若狭氏の選挙区です。 ただし、鈴木隼人氏は、カジノ構想に関連している、セガサミーホールディングスの里見治総帥の娘婿だそうです。 読売新聞から 若狭勝氏の東京10区、自民が鈴木隼人氏擁立へ  
>>続きを読む

結局のところ、小選挙区制というのは、政権選択、政党選択の選挙だ、というけれど、そうでもなくて、個々の議員が、選挙に強い、つまり、自分の選挙区で選ばれる政治家、政党に関係なく、というのが、小選挙区制なのかもしれませんね。 そもそも、民進党、それに、旧民主党
>>続きを読む

民主党の代表に、前原氏を選んだ時点で、こうなっていくかも、というラインはありましたが、多少は期待したんですけれど。 前原氏は、政治家として、とても立派な人格を持っていますが、一寸先は闇、の政界は大変厳しいものがあります。小池氏が一枚も二枚も上手、です。
>>続きを読む

連合の神津会長は、いつから、安倍内閣と敵対関係になったのか、という疑問がありますけれど、まあ、いいでしょう。 前原民進党と小池新党が、どのぐらい密に選挙協力ができるのか、個々の選挙区で事情は変わるでしょうけれど、国民のためになる、選択肢を提示できる、とい
>>続きを読む

前原氏と小池氏は、政治信条的には近いものがあるかもしれません。 ただ、おそらく、ですが、違いがあるとすれば、東京都を地盤とする小池氏は、小泉元首相も応援しているようなので、「小さい政府」志向と思いますが、民進党の前原氏は「ALL for ALL」の「大きな政府」志
>>続きを読む

これは、スラップ訴訟のようなものですから、敗訴は当然なのですが、それでも、このような判決が出たことに胸をなでおろす感じがしています。 裁判を起こすことで、相手の発言を封じる目的があります。 それにしても、トランプ大統領やドイツの総選挙の結果もふくめ、人類
>>続きを読む

麻生氏の発言は、日本国の政府職員が、他国の人民を射殺する可能性について、述べたのもので、大いに批判の対象と思います。 もちろん、私たち日本人も、このようなことを許容してはいけない、と、思います。 河北新報から 韓国、難民射殺発言に強い不快感 北朝鮮有事の
>>続きを読む

積み上がった国の借金を、返済する為に、消費税を上げるのではなかったですか? さらに国を大きくする為に、消費税を上げるのなら、そもそも、消費税アップは必要でしょうか。 国の借金は、いつ、返済できるのかしら? まるで、「坂の上の雲」 あ、明治150年か。
>>続きを読む

選挙区は決まっていないようです。 小池旋風、かもしれませんが、また、こうやって、人格的に怪しい人物を、自分たちの代表として選出することになる、のではないか、と、心配しています。 もちろん、北角氏のことを言っているのではありません。一般論です。 選挙のたび、
>>続きを読む

太平洋を、自らの「内海」と位置付けるアメリカにとって、北朝鮮の「太平洋で水爆実験」発言は、看過できないものだったようですが、トランプ大統領自身による「ロケットマン」発言、しかも、国連の場で、というのも、大人気のない、下品なものだった、と、私は感じています
>>続きを読む

非常にうまい発言だったと思います。 小池都知事は、テレビ番組で、首相指名について、「公明党の山口さんがいい」と、発言しました。 自民党との間で、公明党を綱引きしているように感じますけれど、選挙が終わったら、自民党と小池新党の連携、が、あるかもしれません。
>>続きを読む

テレビ番組で安倍首相が述べたそうです。 国民に対して、真摯に謝罪を行なうべき、と、私は思っています。 朝日新聞から 首相「名誉校長になるべきでなかった」 昭恵さんめぐり  安倍晋三首相は25日夜に出演したTBSの番組で、森友学園が開設を目指していた小学校の名
>>続きを読む

高村氏の引退は、安倍首相にとっても痛いと思います。 自民党の党務を取り仕切ってくれたほかに、やっかいな難題をいくつも引き受けて処理をしてくれてきましたから。 ただし、私は、安倍政権のもとで、高村氏がやったこと、は、憲法を守るという観点からは、憲法の精神を踏
>>続きを読む

2020年にプライマリーバランスの黒字化 というのが、財政政策の目標だったと思いますが、それは撤回するようです。 財界も了解しているのかしら。 これだったら、そもそも、消費税をアップする理由がなくなる、という感じもするのですけれど。 朝日新聞から 首相の消費
>>続きを読む

トランプ大統領やその支持者ががめざす国家像は、様々な人種が統合された国の形とはかなり違うように思います。 大統領選挙の結果に伴う、社会の混乱は、まだまだ続きそうです。 NHKのニュースサイトから トランプ大統領 アメフト選手非難で波紋広がる アメリカのプロフ
>>続きを読む

若狭氏の新党には、民進党からの離党者が参加する、と、予想されていましたが、自民党側からも離党者が出るようです。 福田峰之氏。 おそらく、自民党を除名されることだろう、と、思います。 また、民進党の和歌山1区の岸本氏は、離党しない、そうです。 こころ、の中山
>>続きを読む

安倍自民党の選挙での強さ、というのは、公明党の支持があってのことであり、先日の、東京都議選では、公明党が小池都知事側に立ったことが大きなインパクトがあった、と、思います。 大阪でも、公明党は維新との連携の可能性が出ているのですが、今回の堺市長選挙の結果を
>>続きを読む

「1区現象」という言葉あります。 各県の1区と呼ばれる、県庁所在地のある選挙区では、自民党の得票率が、野党よりも少ないことが多く、野党議員が勝利することが多いそうです。 長崎1区も同様らしく、前回は2000票差で自民党が辛勝していますが、共産党の候補者も出ていま
>>続きを読む

安倍首相や安倍昭恵夫人、それに、昭恵夫人付き職員の行ったことについて、財務省のデータが残っている、ということになるかどうか。 すでに、官僚機構は、このことで、安倍首相をコントロールできるようになり、主従が逆転している、と、思っていますが、さらに、麻生氏も
>>続きを読む

私たちの国の行政組織が、人種差別や女性蔑視のような価値観が横行しているのであれば、それは、大変な問題と思います。 特に、難民審査や外国人の入管審査など、絶大な権限を背景に、このような恥ずべきことが行われているとしたら、とても残念に思います。 法務大臣が女性
>>続きを読む

今年3月に発覚していたことが、今頃、報道されることに、大いに疑問を持っています。 外部からの侵入者によるものではない、と、思います。 高額な兵器の管理責任、しっかりと問われなければなりません。 河北新報から 小松基地でミサイル損壊 数発、被害計3千万円  
>>続きを読む

平沼赳夫氏が引退するそうです。 私の価値観とは、かなり異質な政治信条をお持ちの政治家だ、と思っています。 しかし、日本の政界から、「平沼」の名前が消えることに異を唱える勢力があるだろう、と、思われ、その勢力とも一緒になって、次男の正二郎氏の擁立が行われるこ
>>続きを読む

安倍首相の浮かれ具合には、辟易しています。 本当に、日本を守る気概があるのか。 国連の晩餐会で、トランプ大統領の隣に座り、ワイングラスを合わせる映像、恥ずかしい限り、と、私は思いました。 誰も、トランプ大統領の隣には座りたくなかった、のではないでしょうか。
>>続きを読む

軍部や軍人、それにつながる軍事産業の浮かれ具合には十分に注意が必要と思います。 そもそも、原子力潜水艦という軍備は、戦略的な要素の強いもので、朝鮮半島での局地的な戦闘には不要なものだと思います。 しっかりと、アメリカ軍やアメリカの軍事産業の動きをチェック
>>続きを読む

投票先に悩む有権者たちの期待に応えて、野党の共闘態勢が構築されれば、自民党が一方的に有利な戦い、とはならない、と、思います。 朝日新聞から 野党4党の幹部、料理店で会談 「選挙協力は話さず」  衆院選小選挙区で野党候補の一本化を模索することで一致した民進
>>続きを読む

安倍首相が、独裁者のように振る舞えるのは、いろいろな要因があるのですが、その大きな支柱の一つに経団連の支援、がある、と、思います。 経団連の参加企業の中には、小池新党に期待する声があるようで、その点も、安倍首相が気にしているところだろう、と思います。 確か
>>続きを読む