島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

大統領選挙がおわっても、FBIでは、クリントン氏と関係が近い方が副長官をしていた、ということにも驚きました。 退任したことで、トランプ大統領にとって、情勢を有利にすることができるようになった、かもしれません。 毎日新聞から 米国 FBI副長官が退任 露疑惑でトラ…
>>続きを読む

官僚機構としての軍隊は、自らの組織の拡充と権限の拡大が、唯一の存在目的となります。 ということは、「仮想敵国」との友好関係は、組織の存続が危ぶまれる危機となりうる、ということですので、日本と中国との外交関係が緊張緩和になることを、中国軍も、また、防衛省自
>>続きを読む

小野寺防衛大臣が米軍に対して強硬姿勢を示しているようにみえますが、これは、沖縄県名護市の市長選挙期間中であることが影響していると思います。 投票日は2月4日ですので、それまでは、このような姿勢を示し続けるのだろう、と、思います。 そして、このような政権の行
>>続きを読む

今、国会では補正予算の審議が、衆院予算員会で行われていますが、1日行われただけでも、かなり、政府側が押し込まれていると思います。 安倍首相はもちろん、財務大臣の麻生氏も、佐川氏を守っているようですが、麻生氏の態度は、やや突き放したようなところも感じられま
>>続きを読む

安倍首相は、朝日新聞がよっぽど嫌いなようです。 それは、慰安婦報道に関する問題だけではないと私は感じていますが、国会で特定の新聞社の名前をあげて、首相が批判する、というのは、尋常なことではない、と、私は思います。 これは、安倍首相の報道機関に対する恫喝で
>>続きを読む

ひとつの地方都市の市長選挙が、こんなに国政に影響を与えている、というのは、それだけ、問題が大きい、ということのあらわれでもある、と、思います。 選挙の投票日は2月4日、です。 私は、アメリカの「核の傘」が、この国の防衛に本当に必要なのか、疑問に思っています
>>続きを読む

補正予算については、すでに、締め括りの総括質疑の日程も与野党で合意しているので、日程で荒れることはないと思います。 ただ、来年度の本予算の質疑がありますから、その前哨戦となります。 安倍昭恵首相夫人の国会招致は必要ないのかしら。 しっかりと、経過をみてお
>>続きを読む

民進党が、希望の党との合流を決めたことについて、総括をしたようです。 あの選挙の前に、民進党と希望の党が合流を話し合う場には、連合も同席していた、と、思いますが、連合の方は、総括できているのかしら? NHKのニュースサイトから 希望との合流“誤った判断” 民
>>続きを読む

激しい選挙戦になるのか、と、思えば、以外に票差が開いていて、NHKの当確も夜8時過ぎに出ていました。 岐阜といえば、自民王国とも言われているのですが、この結果には、やや驚きを感じています。 NHKのニュースサイトから 岐阜市長選 元衆院議員の柴橋氏 初当選 新人7
>>続きを読む

28歳の海兵隊員だそうです。飲酒していたらしいですが、それでも、分別のありそうな年齢ではありますけれど。下士官ですし。 逮捕されているようです。 沖縄タイムスから 米海兵隊員を逮捕 沖縄・北谷 ホテル従業員を殴った疑い  沖縄署は27日、北谷町美浜のホテルで
>>続きを読む

訃報に触れて、びっくりするとともに、大変寂しく、また、野中広務氏のいない日本政治の未来に、とてつもない不安を感じています。 野中広務氏は、今の政治情勢を、与野党を超えて、一番憂いていた政治家ではないか、と、感じています。 どうでもいいことかもしれないけど
>>続きを読む

ときの政権を守るため、また、財務省の組織を守るため、国会での野党の追及をかわし続けた当人。 東京新聞は、社説で、虚偽答弁といってもいい答弁を繰り返した、とのことで、佐川氏の更迭はまぬがれない、と批判しています。 安倍首相やその周辺の政治家、官僚たちの責任
>>続きを読む

ウオーターゲート事件で、ニクソン大統領が辞任することになった、最後の引き金、は、特別検察官の解任指示でした。「土曜日の夜の虐殺」という別名があります。 もちろん、それがなくても、早晩、ニクソン大統領は辞任を決断しなければならない状況に追い込まれた、と、思
>>続きを読む

名護市長選挙への悪影響を考えての、即座の更迭判断のようですが、では、選挙がなければ、更迭しなかった? あってはならないことですが、松本氏は、事故で沖縄県民が死ななければ米軍への抗議はしてはいけない、ようなヤジを飛ばしたようですが、考えられない批判だと思い
>>続きを読む

公明党は、本当は、安倍自民党とは基本政策で相容れない部分が多いはずで、また、支持者層の考えかた、政治指向もかなり違うのですが、ずっと、連立与党を続けてきています。 その間、安保法だけでなく秘密法や「共謀罪」など、与野党間で意見がわかれる法案を、自民党とと
>>続きを読む

政党助成金がかなり入ったので、資金不足の希望の党ではなくなった、と思いますが、それを踏まえて、さらに動きが出てきたように感じます。 小池都知事の離党がスムーズにいかなければ、さらに、希望の党の支持率は下がると思いますが、うまくいくでしょうか。 東京新聞か
>>続きを読む

自民党の憲法改正では、緊急事態条項を加えることが、ずっと主張されています。 戒厳令のようなものを考えているようにも感じますが、要は、国家権力を基本的人権より優先すべき事態があるから、それを規定したい、ということのようです。 国家権力を優先するために、私権
>>続きを読む

ポスト安倍をめざした動きだと感じます。 つまり、今の安倍首相の出身派閥である細田派は、安倍首相が退任したあとの体制づくりを始めている、ということかと。 そして、もし、細田派が、次世代のリーダーとして下村氏を押し上げるのであれば、それは、細田派の衰退、自滅
>>続きを読む

自民党の派閥というのは、総理大臣の座をめざす有力議員が、その応援支持者を募る中で形成されてくる議員団と思っています。 つまり、派閥の会長は、自動的に、次の総理大臣候補者でもある、というのが通常の組織。 麻生氏や二階氏の場合は、もう、総理大臣をめざすことは
>>続きを読む

憲法には「戦力の不保持」を明確に規定しています。 そのために、「戦力」とはなにか、という問題になり、自衛隊は戦力ではないのか、空母を持ってはいけないのか、他国の基地を攻撃する装備の保持はいいのではないか、自衛のためなら核兵器の保有も可能なのではないか、など
>>続きを読む

この問題は、「筋の悪い話」です。 そもそも、民主党政権時代に、当時野党だった自民党の要求で、野党への時間配分を積み増すことで決着したことでもあり、攻守交代して、与党となった自民党が、逆の要求を出すことには、大きな不信感がつのります。 そもそも、議院内閣制
>>続きを読む

公明党の山口代表が、翁長知事と会談したそうです。 2月4日に投票が行われる名護市長選挙を見据えた政治的な動きとも感じます。 NHKのニュースサイトから ヘリ緊急着陸 沖縄県知事が公明代表と会談 働きかけ要請 沖縄県でアメリカ軍のヘリコプターが緊急着陸したことを受
>>続きを読む

今の自民党の中で、安倍首相の考えと異なる意見を表明することには、大変な勇気がいることだろうなあ、と感じます。 そして、文民統制の問題が生じることを恐れることから、自衛隊ではなく自衛権を規定すべき、との意見も大変共感するところがあります。 安保法制のため、今
>>続きを読む

対外的に勇ましいことを吹聴する政治家には、私たちは注意が必要と思います。 対外関係の緊張度が増すことで、政治的利益を得る政治家がいるのです。 また、マスコミは、もっと、自分たちが選んだ議員や政治家が、どのような言動をしているのか、しっかりと有権者国民に伝
>>続きを読む

アメリカ軍、アメリカが嫌がる政策を明確に主張する姿勢には、共感を覚えます。 しかし、これから、いろいろと大変なことが起きてくる、のではないか、と、心配もしています。 妨害工作。 NHKのニュースサイトから 立民 普天間基地の移設計画めぐり再検証委員会設置へ
>>続きを読む

徳川慶喜のひ孫にあたる現宮司が、2016年に述べた発言が、靖国神社の関係者の間で論争になっていたそうです。 靖国神社は、その前身は、明治天皇の命で明治維新のあとに設立された招魂社が出発点で、その趣旨は、明治維新で江戸幕府と戦い、天皇陛下の命にしたがった志士た
>>続きを読む

写真の機体は、今回の事故とは無関係です。 アメリカ海兵隊、または、アメリカ軍の中で、なにか、大きな問題が起きているのではないか、と、不安になります。 そもそも、こんなことでは、いざというときにきちんと行動を起こせるのかどうか。 もちろん、問題はそこにあるの
>>続きを読む

安倍内閣は、財政においては、やや野放図なイメージがあります。 社会保障費が増大しているのは、この国の形が変化しているからで、政策ではどうしようもない部分が大きいです。 安倍内閣になって、どんどん増やされている防衛費や公共事業費を削減すればいいんですけれど
>>続きを読む

私も、日本のテレビ番組や芸能人の様子をみていると、中国政府の指示もわからないでもない、という感覚はありますが、それは、あくまでも、私個人の私的な感覚であって、権力を持つ政府がするべき政策ではない、と、思います。 毎日新聞から 中国、ラップ禁止令 反体制文
>>続きを読む

これだけ、科学技術が進歩しましたが、わが国において、火山の噴火予知は、現状では不可能なようです。 草津白根山の噴火、被害に遭われた方々が早く回復されることをお祈りしております。 産経新聞から 気象庁、噴火速報出せず 御嶽山噴火で導入  草津白根山(群馬県
>>続きを読む