島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

首相や政府は、本当のことを隠しているので、その説明では、整合性のつかない、ほころびがいくつも後から出てくる、ということでしょう。 そして、資料は次第に提出されることになり、また、新たな疑問点が出てくる、ということになります。 根本的に説明をきちんとすべきで…
>>続きを読む

「テロリズム」という言葉と「イスラム教」という言葉が一緒になることを大変、不安に思っています。 「宗教原理主義」もイスラム教だけでなく、キリスト教にもありますし、そもそも、宗派間の対立や派閥があるような、大きな宗教のほとんどにあるのではないか、と、思います
>>続きを読む

トランプ大統領に近い側からのニュースなのか、それとも、トランプ大統領が習主席と会談する前に、不用意に融和しないよう、釘を刺しておきたい、アメリカ軍側の意向によるリークなのか。 トランプ政権の外交方針が明確にならない状態なので、よくわかりません。 いずれにし
>>続きを読む

中国が、日本の四分の一ほどだ、ということもニュース価値があるのですが、アメリカが圧倒的にすごい、ということも認識しておかねばならない、と、思います。 ドルが基軸通貨になるのも当然のことと思います。 読売新聞から 人民元は7位、世界の外貨準備の1%…円は4位
>>続きを読む

私は、もともと、日本の首相は、もっと、中国や韓国の首脳と頻繁に会合をすべき、と、思っていますので、会合する、ということはよいと思います。 でも、その動機とタイミングが不透明。 安倍首相は、外交が得意、としているそうです。 でも、成果はあったんですか。 北朝
>>続きを読む

自民党の幹事長である二階氏の、老練な政治家としてのバランス感覚には、大変敬意を持っておりますが、しかし、ときどき、妙なことをおっしゃることがあることも事実と思います。 「夫人は気の毒」ではない、と、思います。 安倍昭恵氏は、塚本幼稚園を訪問し、教育勅語を
>>続きを読む

こうやってみてみると、安倍昭恵氏の活動には、広告代理店がしっかりと関与していることがわかります。 あの、プレミアムフライデーの初回イベントでの笑顔の映像も記憶にあります。 そのコストは、誰が負担しているのでしょう? それぞれのイベントの主催者側?つまり、広
>>続きを読む

トランプ政権が、ロシアとの関係を改善させると、一番困るのは、実は、アメリカ軍だったりします。 対ロシア軍向けに整備してきた、世界最大の軍備が過剰になるから、です。 北朝鮮と中国が、アメリカにとって、ロシアに変わって、軍事的脅威にならなければ、アメリカ軍の
>>続きを読む

アメリカUSTRの報告書は、例年通りの内容とのことですが、トランプ大統領の主張に裏付けを与えるものにもなります。 中国との首脳会談の様子も、日本政府にとって参考となる、重要な情報になる、と、思います。 ロイターから 米USTR、日本の農業・自動車市場に更なる開放
>>続きを読む

クローズアップされた、自民党の衆院議員の西村康稔氏は、兵庫県選出ですが、東京大学法学部卒、通商産業省出身です。選挙にめっぽう強い政治家のようです。 でも、安倍首相のイエスマンの一人なんですかね。 朝日新聞から 籠池氏の代理人弁護士、自民議員の「偽証」発言
>>続きを読む

あれ、安全運転な答弁。 稲田防衛大臣は、官僚機構との亀裂が指摘されていることから、慎重な答弁をしたのか、と、感じます。 しっかりと、シビリアンコントロールを利かせてもらいたい、と、思います。 NHKのニュースサイトから 防衛相 特別防衛監察の報告の在り方 検討
>>続きを読む

地域政党から、国政に打って出る、という流れでは、日本維新の会、がまっさきに思い浮かびます。 あと、名古屋の、河村市長の減税日本ぐらいか、と、感じます。 地域政党は、なかなか、国政全般では支持を広げにくい、というのが、私の印象ですが、それらの地域政党とは違う
>>続きを読む

大阪府が独自に調査に入ったようです。 政府の意向を受けてのことではない、と、思われます。 読売新聞から 森友学園が運営の幼稚園に立ち入り調査…大阪府  学校法人「森友学園」が運営する塚本幼稚園(大阪市淀川区)が補助金支給の要件を満たしているかを確かめるた
>>続きを読む

柔道、空手、剣道、弓道、相撲(道)、合気道、なぎなた(道)などは、武道だなあ、と、思いますけれど。 「道」と名が付いているものには、少し、警戒感を持ったほうがよいかもしれません。 明治以降に、それまでの武道から発達したものを「現代武道」と呼ぶ、ということ
>>続きを読む

次の大統領になりたい、と、立候補するつもりの方がたくさんいるようですけど、私は、世界で一番、なりたくない仕事、ではないか、と、思っています。 韓国の大統領。 在任中は、猛烈な権勢をふるうことができるようですが、その後、暗殺されたり、暗殺されなくても、逮捕さ
>>続きを読む

自民党の憲法草案は、何度も、読ませていただいていますが、絶対に、許容できないものだと思っています。 というか、自民党は、このグロテスクな憲法草案、早く、撤回すべき、と、思っています。 下村氏は、本気で、こんなことを言っているのかしら。まさかね。 河北新報
>>続きを読む

文部科学省の組織は、かなりガタガタになっている、と、思います。 これから、立て直し、ですが、数年はかかる、と、予想します。 読売新聞から 国家公務員法違反62件、文科省が天下り報告書  文部科学省による再就職あっせん問題で、文科省は30日、内部調査の最終報告
>>続きを読む

担当者の記憶や知識 を、特定秘密に指定し、その文書がない、というのは、どういうことでしょうか。 しかも、それにあてはまるものは、公安調査庁のものがある、とのこと。 記憶が、公的な秘密である、ということは、その該当者は、現代版「稗田阿礼」か? 朝日新聞か
>>続きを読む

もし、決算書を偽っていたのであれば、会計事務所の関与も疑われます。 メインバンクはどうだったのでしょう? 記者会見で、社長は、神妙な顔をして謝罪していましたが、これは、明らかに、詐欺罪と思います。 「てるみくらぶ」に刑事責任が問われるなら、東芝も、ですね
>>続きを読む

司法が介入する方向です。 特捜部ですので、政権側や大阪府、それに、政治家などの影響は排除した形で、捜査が行われる、と、思いますけれど、受理した事件の構図は、工事の建設費の契約書の問題という、非常に矮小化された、シンプルな話にとどまる、のでしょうか? 特捜部
>>続きを読む

またまた、国会が混乱しそうですね。 都議選があることが、国政にも微妙な影響を与えている、と、思います。 そして、安倍政権も、安保法案の頃とは、その求心力にも陰りがみえていることを実感します。 しっかりと経過をみておきたいと思います。 朝日新聞から 「共謀
>>続きを読む

これも、トランプ大統領は、「フェイクニュース」と、批判するのでしょうか。 どうしようもないので、最近、娘のイバンカ氏の存在がクローズアップされてきました。 周囲が「御し易い」と、評しているのかもしれません。 河北新報から トランプ氏、支持率36% 就任後最
>>続きを読む

まだ、営業していたのか、という感もありますが、親ロシア派への資金供給などをしていたと思われるので、経済活動を停止することはよいようにも感じます。 もちろん、対立が先鋭化していくことは間違いありませんけれども。 NHKのニュースサイトから ロシア大手銀行がウ
>>続きを読む

日本では、経済問題として扱われることが多いのですが、もっと、大きな問題である、と、思っています。 例えはよくないですが、離婚交渉とにているような気がします。 読売新聞から 英首相、29日にEU離脱を通知…交渉は難航も  英国のメイ首相は29日、欧州連合(EU)か
>>続きを読む

公明党内部では、いろいろ、異論があるのかもしれません。 与党内での調整の結果をしっかりとみておく必要があるようです。 NHKのニュースサイトから 自公 テロ等準備罪の法案審議入り 29日に再調整 自民・公明両党の国会対策委員長が会談し、自民党が共謀罪の構成要件を
>>続きを読む

自民党の下村氏は、いわゆる文教族議員で、ずっと、文科省の行政にも関与してきた政治家です。 しかも、安倍首相とも近く、その政治信条は日本会議とも共鳴しています。 つまり、今回の森友学園の籠池理事長とも近い可能性があります。 籠池氏の偽証罪告発に、慎重な考えを
>>続きを読む

翁長知事は、腹を括ったようです。 政府側としては、工事容認派の知事が誕生するよう、次の知事選挙を待つことになるのかもしれませんが、国政選挙の結果をみても、勝てるとは思えず。 つまり、沖縄の民意ははっきりしている、ということなのです。 政府は「粛々と」工事を
>>続きを読む

共産党が、また、独自に資料を入手したようです。 それによれば、籠池氏が要望した内容は、土地の価格の引き下げだけではなく、手紙には別の要望が書かれており、それについては、「ゼロ回答」ではなくて、逆に「満額回答」だったことになる、とのことです。 「私や妻が関わ
>>続きを読む

なぜ、政府は、こんなに、この「共謀罪」を成立させたい、と、思っているのでしょうか。 本当の理由を説明してくれないので、さっぱりわかりません。 もちろん、絶対に容認できないことが本当の理由なのだろう、と、思っていますが。 あの「治安維持法」は、成人男性全員に
>>続きを読む