島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

このまま、逃げ続けると、本当に稲田氏には、もう、日の当たる場所で活躍することができない状況になる、と、思います。 質疑時間は与党側が20分、野党側が3時間だそうです。 河北新報から 日報隠蔽10日に衆院閉会中審査 与野党合意、稲田氏招致は平行線  与野党は3日…
>>続きを読む

あの大戦争での大変な被害の代償として、私たち日本人が手に入れた日本国憲法です。 この憲法が、私たち日本人の基本的な価値観と通じていることは間違いない、と、思っています。 自民党の政調会長となった岸田氏が、憲法改正をどのように取り扱うか、高村副総裁など憲法改
>>続きを読む

安倍政権が危機的状況にある、ということを、首相自ら認識しているのだ、ということが伝わる内閣改造だと思います。 外務大臣に加藤勝信氏を選ぶことができなかった、ということが象徴的かと思います。 野田聖子氏や河野太郎氏は、私が大変尊敬している政治家です。 このよ
>>続きを読む

福田康夫氏が、厳しく、安倍政権を批判したそうです。 「国家の破滅が近づく」 大変、厳しい言葉ですが、福田氏が使った「国家」という言葉、何を指しているのかな、とは思います。 「国」「国家」というものが一体なんなのか、ということ。 私は、安倍首相という政治家の
>>続きを読む

外務大臣が誰になるのか、まだ、わかりませんが、岸田氏が、自民党の政調会長になることが決まったようですので、後任の外務大臣を決める必要があります。 だれになるんでしょう。 また、防衛大臣には、予想どおり、小野寺氏に決まったようです。 こちらは、とても安定感が
>>続きを読む

ポスト安倍をねらう、岸田氏、ずっと外務大臣をつとめて、安倍首相を支えてきましたが、さらに、今、防衛大臣も兼務して、安倍首相に、大きな貸しを作りました。 最初、麻生氏に防衛大臣の兼務を依頼した、らしいですが、麻生氏が断ったそうです。 岸田氏は、今回の内閣改造
>>続きを読む

稲田氏には、自衛隊のシビリアンコントロールについて疑念や危機をもたらした責任があります。 そのことをきちんと説明する責任が、当時の防衛大臣として、あることは間違いありません。シビリアンコントロールが問題なかったことをきちんと説明すること、が、求められます
>>続きを読む

高市氏は、ポスト安倍への名乗りをしないようですね。 もちろん、派閥のリーダーにならなければならない、のですけれど。 今の総務省は、郵政省が合併して発足しているので、通信関係の行政を担っているのは事実なのですが。 総務省は、もとをたどれば、戦前の「内務省」に
>>続きを読む

組織を揺るがし、そして、シビリアンコントロールの危機を招いた、という責任をどのように感じているのか、きちんと国民に釈明する責任がある、と、思います。 責任者として、国会で、きちんと説明する責任を果たしてもらいたい、と、思います。 そうでなければ、もう、政
>>続きを読む

神津会長は、東京大学卒業、新日鉄入社で、会長代行になる逢見事務局長は、一橋大学社会学部卒業で労働運動専従という経歴ですが、神津氏より逢見氏の方が年上? 次の事務局長には、トヨタの労働組合出身の相原氏が固まったそうです。 民進党は、連合の支援は大切だと思い
>>続きを読む

玉木氏の出馬がないとすれば、枝野氏と前原氏の一騎打ち、の展開になるかと思います。 選挙の結果、前原氏を支えたグループが不満を持ち、民進党を離党して、小池都知事の周辺に群がる国会議員たちが希望している国政新党への参加、ということになるかもしれませんが、それ
>>続きを読む

稲田氏が、再び、国家権力への階段を登ることがないよう、しっかりと、失策を確認しておかねばなりません。 また、民進党は、次の衆院選で、稲田氏の選挙区で勝利するよう、しっかりと体制を作らねばなりません。 東京新聞から 自民、稲田氏招致を拒否 閉会中審査  自
>>続きを読む

おそらく、次の防衛大臣は、小野寺氏だろう、と、思っています。 アメリカ軍とのパイプもあるようですし。 国連のPKO活動に参加し、海外で活動している自衛隊が、毎日、どんな活動をしているか、そこは、PKO五原則に反することはないのか、自衛隊員の安全は守られているの
>>続きを読む

トランプ大統領は、メディアが怖いんだろうと思います。 ツイッターをもっぱら使っているのもその証かもしれません。 でも、ツイッターでは、文字数のこともあり、説明責任をきちんと果たすことができない、と、私は思っています。 首席補佐官に、ケリー氏を就任させた、そ
>>続きを読む

自民党の下村氏は、文部科学大臣を担当していたこともありますように、いわゆる文教族と言われる、文部科学省の族議員です。 議員が、専門家として、国政に関与することは、全く問題ない、と、私は思います。 逆に、専門的な知識を有する分野がない議員というのは、何をした
>>続きを読む

前回の衆院選に立候補したものの、死去した木村氏に負けた候補者を、再度擁立する、とのことです。 さて、どうなることでしょうか。 自民党側は、弔い選挙という戦術でくる、と、思われますけれども。 河北新報から 民進、青森4区補選に元県議擁立 県連が党本部に公認申
>>続きを読む

トランプ政権の迷走が続いています。 大統領就任から半年以上が経過するのに、まだ、ホワイトハウスの陣容が確定していません。 河北新報から 大統領、プリーバス大統領首席補佐官を解任 トランプ政権、混乱拡大  トランプ米大統領は28日、プリーバス大統領首席補佐官
>>続きを読む

民進党がその存在感を明確にし、存立基盤を確固としたものにするには、「大きな政府」をめざす、という路線を明確にすべきだと思います。 安倍内閣自民党は、今、財界が希望する「小さな政府」をめざすのか、それとも、国民にウケがいい「大きな政府」をめざすのか、その路
>>続きを読む

今回の防衛省自衛隊の「日報」問題で、日本国民が学んだことは、シビリアンコントロールとはなにか、ということかと思います。 南スーダンの首都ジュバで、「戦闘」が起きたこと、これは、PKO派遣5原則に抵触する事態だった、ということだと思います。 それを隠そうとした
>>続きを読む

とりあえず、オバマ大統領の「善政」が残ることになって、よかったです。 造反したマケイン氏は、共和党の重鎮とも言われる政治家です。 造反した議員たちが、自分たちの政治的な決断の結果について、しっかりと説明をし、理解を得る努力を行い、その結果責任をしっかりと負
>>続きを読む

何をもって「国益」というのか、それをどのように評価するのか、という問題があることはわかっています。 でも、安倍首相がその座にいる限り、どんどん、「国益」が毀損していく、ということは間違いない、と、思います。 安倍首相は、ずっと、いろいろな人たちに大きな「
>>続きを読む

安倍内閣で歪められた行政が、裁判で正される、ということになりました。 大阪地裁の判決です。 裁判長は、 「無償化に関する法律を朝鮮学校に適用することは拉致問題の解決の妨げになり、国民の理解が得られないという外交的、政治的意見に基づいて対象から排除したと認
>>続きを読む

稲田防衛大臣は、辞任したそうです。 しかし、日報の秘匿問題に、関与していない、のであれば、辞任する必要はない、ということになります。 おかしい。 なにか、裏があると思います。 おそらく。 安倍首相自身が、この陸自の日報隠しに関与していた、のではありませんか
>>続きを読む

来年2月に、名護市長選挙があるそうです。 選挙では、辺野古への新基地建設が最大のテーマになる、と、思われます。 それまで、辺野古の海を本格的に埋め立てる大規模な工事には着手されない、と、予想します。 自民党側は、よい候補者を選び出すことができたのかしら。
>>続きを読む

稲田防衛大臣が、今日、辞表を提出するそうですが、後任の防衛大臣の人事が面倒なことになっているのではないか、と、思います。 今日、発表される特別防衛監察の結果を受けて、来週には、国会の委員会審議がある予定です。 また、防衛大臣だけでなく、防衛省は事務次官、
>>続きを読む

稲田防衛大臣が、辞任する意向を固めた、と、NHKが報道しています。 菅官房長官の言葉を借りれば、この場合、「地位に恋々とした」と、呼んで良い、と、私は思います。 陸自からメモや資料がマスコミに流出している事態を、陸上自衛隊によるクーデーターだ、と、表現する人
>>続きを読む

防衛省、自衛隊には激震が広がっています。 私は、もともと、安倍内閣が、黒江氏を事務次官に任用したときから、シビリアンコントロールの危機を感じていました。 また、3自衛隊の中で、陸上自衛隊が最大の権力を掌握するような状況は避けるべき、と、思っています。3自
>>続きを読む

蓮舫代表が辞任の意向とのこと、驚きました。 その地位に恋々としている稲田防衛大臣の爪の垢でも煎じたら、とは、言い過ぎですか。 残念に思いますが、これが、民進党の反転攻勢の足がかりになれば、とは思います。 もともと、私は、政権交代可能な二大政党制の一角を自認
>>続きを読む

みずからにかけられた疑惑を晴らすための国会審議の場で、見え透いた嘘を堂々と述べた安倍首相。 国民に対して嘘を述べた政治家を、その座に座らせておいてはいけません。 岸田氏が、そのあとのポストを狙うのであれば、内閣改造では、閣外に去るべき、と、思います。 そう
>>続きを読む

首相みずから、国会の場で、堂々と、見え透いた嘘をいう、そんな国では絶対にいけない、と、思います。 諸外国からも尊敬されない。 日本の官僚機構は優秀で、世界に誇れるもの、と、されていたのも、もう、過去のものになるのかもしれません。 役所は、法律に基づき、仕事
>>続きを読む