島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

そもそも、アメリカは移民の国ですから、トランプ政権の政策は、矛盾に満ちたものだと思います。 もちろん、民主主義ですから、それを支持する有権者国民が多数いる、ということですけれど。 内政の行き詰まりは、外交、いや、戦争ですか。 NHKのニュースサイトから 聖域…
>>続きを読む

民進党の野田幹事長は、天皇陛下のおきもちをしっかりと受け止めておられる、と、感じます。 安倍内閣の独裁的政治の負の側面があらわになった、と、思います。 背景にあるのは、今の自民党内に、民主的に議論する空気が消えていることが最大の問題で、その立役者は、高村
>>続きを読む

天皇陛下が、国民に訴えたのは、自らの体力の衰えを実感したことによる自分の退位のことだけではなく、いや、それよりも、もっと訴えたいことがある、のだと思っています。 私は、天皇陛下や皇族の人権問題が根本にある、と、思っています。 天皇陛下は、みずからの政治的
>>続きを読む

安倍首相の「働き方改革」に吸い寄せられていた神津会長の連合ですが、都議選での民進党支援を確約したそうです。 先日、民進党を離党したいと表明した長島氏は、東京選出の衆議院議員ですが、その保守的な政治信条は、連合とは合わないものであった、と思っています。 東
>>続きを読む

東条英機元首相などが合祀されてから、天皇陛下の参拝が絶えています。 あの太平洋戦争は、昭和天皇の開戦を避けたい、というお気持ちに反して、開戦したものと考えていますが、その決断を促進したのが、当時の東条英機首相と思います。 その結果、日本人全体も、大変な損害
>>続きを読む

公務員が、選挙運動に関わってはならない、という鉄則があるのですが、それを破ったのではないか、とのことで告発状が提出されたそうです。 告発状を提出した三井環氏は、元大阪高検公安部長ですが、そのとき、検察庁の調査活動費の裏金化を内部告発したためか、その後、収
>>続きを読む

日本郵政の業績見通しが厳しい、と、読売新聞が報道しています。 どうなるのでしょうか。 読売新聞から 日本郵政、損失数千億円か…子会社の業績悪化  日本郵政グループが、2015年に買収した豪物流子会社の業績悪化に伴い、2017年3月期連結決算で損失の計上を検討してい
>>続きを読む

いまの平成天皇だけに適用される法律ではなく、今後の天皇にも適用されるべき生前退位の規定と思います。 さらに、皇族の減少、とくに、男性皇族の先行きは非常に厳しいものがありますから、そのことの抜本的解決を検討することにつながるよう、法案の修正を要求することは
>>続きを読む

シリアへの攻撃や、北朝鮮に対する対応、を、みて感じるのですが、トランプ大統領とその側近たち、は、自分たちの国の軍隊、アメリカ軍を、きちんとコントロールできているのでしょうか? これは、アメリカ合衆国のシビリアンコントロールの問題と感じます。 ロシアとの
>>続きを読む

このような問題で、政治家の責任論が出てくることに憂いを持っています。 でも、民進党側も、自民党を攻撃する材料と考えているようですけれど、このような問題は、どの勢力にもありえることなので、いわゆる「ブーメラン」になることは必須、とも、思います。 河北新報か
>>続きを読む

原子力発電所の再稼働のためなら、土下座でもなんでもする、というつもりなのでしょうけれど、広瀬社長が謝罪するのは、何回め、ですかね。 東京電力という組織は、おそるべき、官僚機構的組織だと思っています。 社会に害があるぐらいの。 組織の抜本的見直し、をしないと
>>続きを読む

日本政府が、アメリカ抜き、で、TPPの発効をめざす、との方針を決めたそうです。 来日したペンス副大統領は、「TPPは過去のもの」と明言しましたから、アメリカ抜き、ということになりますが、TPPという経済枠組み自体が、「太平洋は自分たちの内海」と位置付けてきたアメ
>>続きを読む

そもそも、安倍氏自身は、自らの後継者となる政治家を指名していない、と思います。 稲田氏がそれをねらっていますが、残念ながら、首相の器ではないことが、防衛相という職務をきちんと果たせないことから、証明してしまいました。 アメリカ側の信頼も乏しいようです。 任
>>続きを読む

小池都知事の政治スタンスがわかりにくいように感じる部分があります。 まだ、自民党の党籍は残っているはずですが、知事選挙で小池氏を応援した当時自民党の区議は処分されていると思います。 スタンスがはっきりしている政治家であって欲しいな、と、願います。 昨日の
>>続きを読む

活躍された初代委員長の田中氏は、72歳という高齢もあり、任期満了で勇退されるそうです。 おつかれさまでした。火中の栗を拾う、というのは、こういうことだと、おもいます。 更田 豊志(ふけた とよし)氏は、東京工業大学を卒業され、日本原子力研究所、日本原子力研究開
>>続きを読む

本来、軍隊というのは、その作戦の目的や概要、そして、部隊の動きを、逐一、公開することはありません。 敵に、意図を知られずに、隠密に行動することが基本です。 今回、アメリカ側が、空母カール・ビンソンを朝鮮半島の近海に向かわせる、と、発表したのは、政治的な思惑
>>続きを読む

まったく、付き合いにくい国だと、個人的には思いますが、このソン・イルホ大使の発言の真意は、アメリカとのパイプが太い安倍内閣に、北朝鮮とアメリカとの交渉での仲介役をしてもらえないか、と要望している、ということかと予想します。 本当のことを、正直に表現すれば
>>続きを読む

文書自体を隠せ、ということになってしまうのでは、と、恐れますが、私たちの国が民主主義の国である、ということから、そういう野蛮なことは起きない、ことを信じたいと思います。 なお、戦後の戦犯の裁判の資料ですので、文書の存在を政府が認めたとしても、残念ながら、
>>続きを読む

地方政治において、首長と議会との距離感について、民主主義の仕組みが機能しない欠点がある、と、わたしは思っています。 たとえば、小池氏が、自らが率いる地方政党が、議会で過半数を獲得したとすると、また、あの専制政治が展開されるのではないか、と、不安に思うから
>>続きを読む

民進党の山尾氏、活躍しておられるようです。 この国を良くするために、がんばってください。応援しています。 この法案が成立すると、たとえば、政府や与党に批判的な議員の活動を、政府が常時監視することが可能になる、と、思います。 これが、最大の問題点ではないか
>>続きを読む

発射して、すぐ爆発したから、ミサイル発射失敗と、報道されていますが、本当でしょうか。 ミサイルを発射したあと、わざと直ぐに自爆させた、のではないか、と、想像しています。 それで、アメリカの出方を観測した、のでは? 韓国や日本、それに、中国のことを考えたら
>>続きを読む

日本経済が衰退しつつある危機感を政治家が持っているということは悪いことではないのですが、なにもかも、経済の活性化に活用すべき、という論理は、無理がある、と、思います。 朝日新聞から 「学芸員はがん。連中を一掃しないと」 山本地方創生相  山本幸三・地方
>>続きを読む

今の天皇が、その立場をかけて、社会に問うたものは、このことだったのだ、と、私は感じています。 自分自身のことだけなら、生前退位を持ち出すことはなかったのではないか、と、思うからです。そういう人格者である、と、信じています。 女性天皇を認めること、が、今の天
>>続きを読む

日本学術会議が結論を出したようです。 「軍事目的の科学研究を行わない」とするこれまでの声明を「継承する」とのこと、とりあえず、安堵しましたが、内容は、やや弱いです。 防衛省の研究助成について、 「政府による研究への介入が著しく、問題が多い」 との指摘であり
>>続きを読む

詭弁を繰り返している政府、その醜悪な姿に、反吐がでる思いです。 NHKのニュースサイトから 昭恵氏付き政府職員 参院選応援に12回同行 政府答弁書 政府は、14日の持ち回りの閣議で、安倍総理大臣の夫人の昭恵氏が去年の参議院選挙の期間中に候補者の応援に赴いた際、夫人
>>続きを読む

都議選を迎え、また、小池氏の動きもあって、自民党と公明党との関係にすきま風があり、また、日本維新の会が、秋波を自民党に送り続けている、と、思います。 政界は、一寸先は闇、と、いうそうです。 産経新聞から 維新・松井一郎代表が都民ファーストの会を批判「政策
>>続きを読む

昨日、北朝鮮の金正恩氏が、報道陣の前に姿を現したそうですね。 分厚いコンクリートでできた地下深くのシェルターに引きこもっているのではない、と、アピールしたのでしょうか。 祝賀ムードいっぱいの平壌には、外国からの報道陣が多数招待されているようです。 これが
>>続きを読む

いつか、この国の総理大臣になってもらいたい、そういう資質のある政治家だと思っています。 離党はしない、とのことなので、安心しました。 政治家であり続けて欲しい、と、思っています。 政党の枠組みはともかく、よい政治家を政治の場に送り出すことが、有権者である私
>>続きを読む

せっかく手に入れた、親ロシア派のアメリカ大統領、そう簡単に手放すつもりはない、でしょう。 もともと、トランプ大統領は、ロシアの傀儡政権になりさがってしまう恐れがあります。 それを、シリア攻撃を試金石にして、アメリカ軍などが忌避している、反ロシア路線にしよ
>>続きを読む

化学兵器を巡って、第二次大戦中の話が出ています。 ヒトラーが率いるナチスドイツは、戦場では、化学兵器を使わなかったのかもしれませんが、後方の収容所では、ガス室で、ユダヤ人の虐殺を行っていた、というのは、歴史的事実です。 そのことを、イスラエルだけでなく、
>>続きを読む